2013. 09. 25  
秋吉台では初めてのアレチヌスビトハギ、ただ私が見つけていなかっただけで台地の上ではまだですが周辺部で数は少ないですが咲いていたようです。

アレチヌスビトハギ

高さ1mくらいになることも

アレチヌスビトハギ

実際はもう少し綺麗なピンク色だったんですがホワイトバランスのせいか少し紫がかってしまった。

アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギと言えばやはりなんと言ってもこの目玉のような斑紋。この仲間や一部のハギでも見られますがこれが一番特徴的ですね。緑色なんだけど背景も緑色だから透明みたいに感じます。

アレチヌスビトハギ

1日花のようで青く見えているのは前日咲いた花

アレチヌスビトハギ

三小葉はみな細長い。

アレチヌスビトハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(9月18日撮影)
2013. 09. 25  
林道脇にたくさん生えていたヒメジソ

ヒメジソ

花が割と大きく、去年は個人的には花の大きい方がイヌコウジュと思っていたが必ずしもそうでなく大きさは割と個体差があるみたい。

ヒメジソ

鋸歯の数は4-6対、これは4対でこれだけ少なければ問題なく

ヒメジソ

茎には稜に下向きに短毛が生えるそうだが肉眼でははっきりしませんね。

ヒメジソ

これくらいの大きさがあるとドアップも楽(敢えて数値は書きませんが(^^;))、二組の雄しべの葯、中央に雌しべ柱頭が二裂。

ヒメジソ

斜めから見ると蕊がもっとはっきり。萼には毛が多いが(イヌコウジュも同様)花軸には毛が少ない、殆ど無毛のように見えますね。

ヒメジソ

シソ科イヌコウジュ属

(9月16日撮影)
2013. 09. 25  
毎年のように頭を悩ますイヌコウジュとヒメジソ、9月初め頃から見かけていたが悩んで悩んでやっとアップ。これは枝を大きく広げたイヌコウジュ。

イヌコウジュ

葉の鋸歯はイヌコウジュが6-13対でヒメジソは4-6、でも境界の6前後というのが多くて悩むんだよね。これは8対あるようだから大丈夫かな。

イヌコウジュ

花序直下の葉が広卵形、ヒメジソは他の葉と変わらず。この特徴がわかりやすいかな。

イヌコウジュ

茎に毛が多いのも特徴

イヌコウジュ

特に花軸の近くでは毛がはっきりしている。

イヌコウジュ

この花は色が濃いが白っぽいのもあり変化は色々。

イヌコウジュ

シソ科イヌコウジュ属

(9月16日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR