2013. 09. 26  
秋吉台では初めて、通算でも2度目のミヤマウズラ、ミヤマとついていますが比較的低山で見られます。

ミヤマウズラ

高さは6,7,・・・8cmはなかったかな(計らなかったな^^;)。2年前のイメージでは30cmくらいあったから(これも頭の中でイメージが膨らんでいたかも)こんなに小さいとは思わず危うく見逃すとこでした。

ミヤマウズラ

鳥が飛ぶような姿の可愛い花

ミヤマウズラ

花の中に見えているのは葯でしょうか

ミヤマウズラ

花弁や萼片、茎に毛が密生

ミヤマウズラ

逆光で撮ってみると腺毛でしょうか

ミヤマウズラ

葉に鳥のウズラのような模様があるから名付けられましたがこれはあまり模様が目立たないな。

ミヤマウズラ

ラン科シュスラン属

(9月18日撮影)
2013. 09. 26  
初めてのムカゴトンボ、でもわかりにくいですね。日当たりのよい湿地に生えるそうですが湿地とはとても思えない場所、これも秋吉台の不思議。県、環境省ともに絶滅危惧種ⅠA類

ムカゴトンボ

花が黒っぽくなって終わりかけていたのかな。

ムカゴトンボ

もう一株ありました、こちらはマシだったけど花は地味ですね。

ムカゴトンボ

側裂片が伸びて○を形作るそうですがまだあまり伸びてないかな

ムカゴトンボ

こちらはもう一息、来年は綺麗な様子を撮りたいものです。でもやはり水不足なのかな、その前に黒くなってしまうような。

ムカゴトンボ

葉の様子。この仲間はみな似ていますがこれは長さが短いかな。

ムカゴトンボ

ラン科ミズトンボ属(ムカゴトンボ属とも)

(9月18日撮影)

一週間前に撮ったムカゴソウの花後。7月25日アップしたのと同じ株です。

ムカゴソウ(花後)

こちらもやはり花が黒っぽくなっていました。

ムカゴソウ(花後)
2013. 09. 26  
台地の上石灰岩脇に生えたヒキオコシ

ヒキオコシ

花はヤマハッカに似てるけど下唇が開いて蕊が見えているあたりが違います。

ヒキオコシ

暫く雨が降ってなくて水不足のせいか花に元気がなかったな。

ヒキオコシ

上部で枝分かれする姿もヤマハッカと違う。葉を囓ってみましたが確かに苦かったけど病人を引き起こす程ではなかったな。成分にも個体差があるんだろうけどね。

ヒキオコシ

シソ科ヤマハッカ属

(9月18日撮影)
2013. 09. 26  
鮮やかな黄色をした虫がいたので撮ってみた。調べてみたらキバラヘリカメムシでした、それもこれは成虫でなく幼虫、羽が伸びていないだけで姿は成虫と変わりありませんね。

キバラヘリカメムシ

名前の通りお腹も黄色、胸も黄色。やはり警戒色なんでしょうね。

キバラヘリカメムシ

ヘリカメムシ科

(9月18日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR