2013. 10. 04  
ヒメヒゴタイが秋の草原の主役ならこちらは湿地系の主役アケボノソウ

アケボノソウ

まるで深山幽谷のような場所に生えてます。ここに数株ありますが咲いていたのはこれだけでした。

アケボノソウ

まだ蕾が多く花はこれから

アケボノソウ

花弁の模様を明け方の星空に例えて曙草、名前でかなり得しているような。柱頭がまだ開いておらず咲いたばかりのようです。

アケボノソウ

こちらは僅かに柱頭が開きはじめている。

アケボノソウ

頂部に咲いていた花、これが一番巧く撮れたと思ったけどお邪魔虫が。この大きさでは花粉媒介出来ないだろうな、花にとってもお邪魔虫。

アケボノソウ

蜜腺から蜜がプックラ盛り上がっています。どの程度の甘さがあるんでしょうね。

アケボノソウ

リンドウ科センブリ属

(10月1日撮影)
2013. 10. 04  
秋の草原を飾るヒメヒゴタイ、県の準絶滅危惧種ですがここでは普通に見ることが出来ます。

ヒメヒゴタイ

秋吉台らしく石灰岩をバックに

ヒメヒゴタイ

まだピンク色の付属体をつけた蕾ばかりで咲いていたのはこれだけでした。向こうが山道、石灰岩からちょっと顔を出して、あっ見つかっちゃった状態でした(笑)

ヒメヒゴタイ

蕾の時も可愛いけどやはり開いた状態で撮らなくちゃね。

ヒメヒゴタイ

二裂した柱頭が突き出ているのもキク科共通、これも可愛い。

ヒメヒゴタイ

10月だというのにまだ暑い1日でした。風が吹いてくれて助かったけど花を撮るには風がない方がいいしな。

ヒメヒゴタイ

キク科トウヒレン属

(10月1日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR