2013. 10. 11  
笹原に埋もれるように生えているシオガマギク、半寄生なのでこんな場所にでも育っていけるんでしょうか。ゴマノハグサ科からAPG分類ではハマウツボ科に移動しました。

シオガマギク

葉が特徴的なので花が咲いていなくてもわかるだろうけどいかんせん数が少ない。

シオガマギク

下唇は大きく広がり上唇は筒状になり先が少し曲がる。

シオガマギク

上唇先端から雌しべが少し突き出ている、雄しべは中に隠れていそう。

シオガマギク

下唇を逆光で

シオガマギク

トモエシオガマを思わせるような花序、花が終わりかけているのが残念。

シオガマギク

ハマウツボ科シオガマギク属

(10月4日撮影)
2013. 10. 11  
オトコエシだということはすぐわかったんですが

オトコエシ

白い花と赤い実が同居しています。

オトコエシ

実がまだ未熟な緑色の頃なら花と同居するのもあるかもしれないけどこんなに赤くなっているのにね。

オトコエシ

雄しべも扁平な柱頭もはっきり見えていて花も咲いたばかりのような感じ

オトコエシ

翼を持った実

オトコエシ

この時期草丈10cm前後の小さな個体をよく見かけます。

オトコエシ

小さくても花は沢山咲かせている。草刈りされた後生えてきたとも思えないし実生からにしては早すぎる気もするし初めから矮小な性質なんでしょうか。

オトコエシ

オミナエシ科オミナエシ属

(10月4日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR