2013. 10. 20  
これを見かけたときはいいものみっけと思ったと同時に厄介者を見つけたなとも(^^;)

オオルリソウ

山道と言うより空き地のような場所に生えていた。

オオルリソウ

花を見るとオオルリソウオニルリソウか、場所から言えばオニルリソウと同じ場所

オオルリソウ

ただ以前見た花はどちらとも小さく見えたがこれは6,7mmくらいあった。

オオルリソウ

まだ花柱が残る若い実、果柄は短く茎は伏毛

オオルリソウ

萼片にも随分毛が生えている

オオルリソウ

葉柄はなくやや茎を抱く、開出毛もないようでオオルリソウと判断していいかな。

オオルリソウ

ただ花もそうだけど葉も以前のと比べて随分大きい、まさかよく似た花が別にあるんじゃないだろうな(^^;)

オオルリソウ

ムラサキ科オオルリソウ属

(10月12日撮影)
2013. 10. 20  
一面に咲いたノコンギク

ノコンギク

これは淡紫色、日陰だと白く見える。ノコンギクと言っても紺色とは限らないのがややこしい。

ノコンギク

集葯雄蕊から突き出た雌しべ、柱頭が二裂しますが初めは先端がくっついて輪っかのようになっている。

ノコンギク

総苞片は卵形で先が短く尖る、と本の記述通りに書いてみたがこれで卵形なのか。

ノコンギク

痩果(見えてませんが)より長い冠毛が特徴

ノコンギク

角張った鋸歯が目立つ、でも葉の形は参考程度。表面はざらつく、写真で見てもそんな感じがします。

ノコンギク

キク科シオン属

(10月12日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR