2013. 10. 22  
もうすっかり秋吉台専科となっている当ブログですがこの日は野暮用があって隣町に行った序でに人工湿地に行って来ましたがもう花は終わりかけ湿地自体もイネ科植物が育ってきてあまり状態は良くなく周辺で3種ほど撮ってきました。

まだ咲いていたママコナ、秋吉台で見かけてもよさそうだけど咲いてないんだよね。
(追記)多分ツシマママコナ
ママコナ

ハゲタカを思わせるような花、ゴマノハグサ科からハマウツボ科に移動。
ママコナ

下唇の白く隆起した部分を米粒に例えて飯子菜
ママコナ

上唇奥両側に見えているのが雄しべの花糸でその間に見えているのが花柱でしょうか。
ママコナ

先端に少し突き出ているのが柱頭かな。
ママコナ

ハマウツボ科ママコナ属

(10月14日撮影)
2013. 10. 22  
湿地に咲く野菊サワシロギク、ここは見た目湿地と言うほどではないかな。

サワシロギク

頭花は割と大きいが舌状花が少なく隙間があり華やかさは感じられない。「日本の野菊」では舌状花は10を越えないと書かれているがこれは13もあるよ。

サワシロギク

突き出た雌しべの柱頭が音叉のよう

サワシロギク

ホッソリ系の総苞

サワシロギク

花の終わりの頃には舌状花が赤くなります

サワシロギク

キク科の葉とは思えないような細い葉

サワシロギク

キク科シオン属

(10月14日撮影)
2013. 10. 22  
湿っぽい場所に生えたアキノウナギツカミ、秋吉台にもあるはずだが未だ見かけず。

アキノウナギツカミ

花柄は無毛、ナガバノウナギツカミやホソバノウナギツカミには腺毛がある、まだ見たことはないけど。

アキノウナギツカミ

雄しべは8本だが内側の3本はわかりにくい。花柱は3本、柱頭が丸くなっているのでわかるかな。

アキノウナギツカミ

上部の葉は茎を抱く。

アキノウナギツカミ

短い葉柄や茎には下向きの棘がある。

アキノウナギツカミ

タデ科イヌタデ属

(10月14日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR