2013. 10. 26  
遊歩道脇でも多く見かけるウメバチソウ、まだ蕾が多くこれから暫く楽しめそうです。

ウメバチソウ

5本の雄しべのうち1本が伸びかけて葯が雌しべの上に来ています、これが咲いて二日目くらいの状態。

ウメバチソウ

1本の雄しべが外に反り返り次の雄しべが伸びかけている、これが三日目くらい。

ウメバチソウ

2本が反り返った四日目、1日に一つずつ反り返ってきます。

ウメバチソウ

次に伸びる雄しべが雌しべの上に来て挨拶でもしているような。まだ伸びてない雄しべの葯と熟し方の違いが色の違いに出ています。

ウメバチソウ

最後の1本が反り返る頃には他の雄しべの葯は脱落している。

ウメバチソウ

5本の雄しべが反り返る頃雌しべの柱頭が開きはじめます、これで一週間目くらい。

ウメバチソウ

開いた柱頭、更に時間が経つと子房が緑色になり花弁も脱落します。

ウメバチソウ

ウメバチソウと言えばやはりこの仮雄蕊、これがなければ魅力は半減するかな。根元から蜜が出ているそうだが腺体の役目はなんだろう。

ウメバチソウ

ウメバチソウ科ウメバチソウ属

(10月28日撮影)
2013. 10. 26  
高い場所に沢山の実をつけたツルウメモドキ、こんな高い場所になっているとつい見逃してしまうしが咲いていても撮るのは無理。

ツルウメモドキの実

望遠で撮ると僅かに実が弾けて赤い種子が見えていた。

ツルウメモドキの実

こちらは別の場所、ここなら花も楽に撮れるけどその頃ここにくるのはきついな。

ツルウメモドキの実

普通なら外側が黄色になってから弾けるけどこれは緑色のまま弾けてる。

ツルウメモドキの実

赤いのは仮種皮に包まれた種子。人間にもアピールするけど鳥にも強くアピールするんだろうな。

ツルウメモドキの実

ニシキギ科ツルウメモドキ属

(10月18日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2013年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR