2014. 06. 03  
初めてのウラジロマタタビ、頭上遥か上に咲いていた。

ウラジロマタタビ

4倍望遠で撮ってもこの程度、名前の通り葉の裏が白色なんですが光があたってよく分かりませんね。母種のサルナシの可能性もあるのかな。

ウラジロマタタビ

別角度から。葉の葉腋から花を咲かせている様子が分かります。

ウラジロマタタビ

何故分かったかというと地面に花が落ちていたから、そうじゃないとまず気が付きません。

ウラジロマタタビ

雌雄異株でこれは雄花、マタタビの葯は黄色いそうです。

ウラジロマタタビ

花の裏側、萼片が赤っぽい。

ウラジロマタタビ

花の大きさは1.5cm程。

ウラジロマタタビ

こちらは教えてもらっていた場所、そうでもないとまず気がつきませんね。

ウラジロマタタビ

ここのために別のデジカメを持って11倍望遠で撮ってみましたがそれでもこの程度

ウラジロマタタビ

これは雌花か両性花の可能性があるかな。

ウラジロマタタビ

マタタビ科マタタビ属

(5月23日撮影)
2014. 06. 03  
秋吉台では初めてのエゴノキ、今まで何で見逃していたのかなと思うくらい多く見かけました。

エゴノキ

長い花柄を伸ばし下向きに花を咲かせる。

エゴノキ

真っ白な花弁が清楚、でも花を大量に咲かせるから華やかさもあります。

エゴノキ

花がそっくりそのまま落ちてきます。大量に落ちているのを見かけて気がつくこともしばしば。

エゴノキ

雄しべは10本、葯が内向きですね。

エゴノキ

雌しべの花柱は雄しべより長く突き出ている、先端の柱頭が僅かに色が違う。

エゴノキ

卵形で先端の尖った葉、浅い鋸歯がある。

エゴノキ

エゴノキ科エゴノキ属

(5月23日撮影)
2014. 06. 03  
ハイノキはまだ1ヶ所でしか見つけていないがあれは来年は咲かないかもしれないので別のを見つけなくちゃと思っていたらアッサリ見つかりました。記録のためアップしておこ。しかしこの場所はよく通っていたのにな、野草の方ばかり注意が向いていると頭上に咲く樹木の花は見逃すことがよくあります。

(追記)ハイノキではなくクロミノサワフタギだったのでタイトル変更

クロミノサワフタギ

今年出た枝の先に花を咲かせるのかな。

クロミノサワフタギ

花柄が長い。

クロミノサワフタギ

もう1本見つけました。

クロミノサワフタギ

でもここは接近しづらい。

クロミノサワフタギ

ハイノキ科ハイノキ属

(5月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR