2014. 06. 13  
初めてのタカネマンネングサ

タカネマンネングサ

薄暗い場所、湿っぽい岩の上に群生していた。

タカネマンネングサ

マンネングサの仲間はどれも似ていますがタカネマンネングサは雌しべ(心皮)が3本という特徴があリます。他のマンネングサは5本。

タカネマンネングサ

茎の上部で枝分かれし更に枝分かれして花を咲かせています。

タカネマンネングサ

葉はへら形と書かれていたらさじ形と書かれていたり。茎につく位置によって形が大分違いますけどね。

タカネマンネングサ

紫色のは走出枝でしょうか。ここは岩の垂直面、丸い葉はシダのマメヅタです。

タカネマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属

(6月7日撮影)
2014. 06. 13  
林床に咲いたイチヤクソウ、蕾の期間が長くやっと咲いてくれました。ここは麓だからいいけど山の上だと蕾を見かけても咲いているのを確認に行くのが大変。

イチヤクソウ

離れて見るぶんにはいい姿をしているんですけどね。

イチヤクソウ

下から見上げると怪物かと思うような異形な姿。

イチヤクソウ

細いパイプのような花柱が下に伸び雄しべは花弁に沿って横に伸びる。葯の先端に穴が空いているのが見えます。花弁も下向きの1枚が少し長くなっているような。

イチヤクソウ

細く尖った萼片、こうやって上から見たらごく平凡な花。

イチヤクソウ

今年は二株しか咲いていませんでした。右や左後方に葉が見えてますが今の時期茎を伸ばしてなければもう今年は咲かないかな。

イチヤクソウ

ツツジ科イチヤクソウ属

(6月7日撮影)
2014. 06. 13  
秋吉台では初めてのギンリョウソウ、近頃近隣の山に行ってないから見ること自体久しぶり、と思ったが2年ぶりだった。

ギンリョウソウ

残念ながら花は終わりかけていました、4,5日遅かったかな。しかし秋吉台なら林道のあちこちで見られそうな気もするが実際は少ないんだよね。この場所でも僅かにこれだけでした。

ギンリョウソウ

既に実が生り始めているのもありました。

ギンリョウソウ

ツツジ科ギンリョウソウ属

(6月7日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR