2014. 06. 24  
石灰岩の脇に咲いていたノイバラ、花が大きかったのでヤマイバラかなと思ったのですが

ノイバラの仲間

花の大きさは4.5cm程

ノイバラの仲間

花柱は合着し毛が生えている

ノイバラの仲間

花柄には腺毛、左側将来果実(偽果)になる部分は萼筒が変化したものでやや細長い。1枚目に果実が写っていますが卵球形をしています。

ノイバラの仲間

托葉の縁は細かな鋸歯

ノイバラの仲間

葉はやや艶があるがテリハノイバラ程ではなく

ノイバラの仲間

葉の裏は淡緑色。

ノイバラの仲間

全般にテリハノイバラに似ていると思いましたが花がやや大きいし花柄の腺毛が決定的に違う。ひょっとしたら交雑種かもしれない。

バラ科バラ属

(6月13日撮影)
2014. 06. 24  
道端の舗装の隙間に生えたヤナギハナガサ

ヤナギハナガサ

高さは1.5m程度、大人の高さを超えることはありません。

ヤナギハナガサ

茎の頂部に花をまとめて咲かせる、この姿だけでもアレチハナガサと間違えることはないな。

ヤナギハナガサ

花の密集度もはるかに高い。

ヤナギハナガサ

色も濃く艶やか

ヤナギハナガサ

花筒が長く伸び毛も生えています。

ヤナギハナガサ

葉の基部が茎を抱く、名前の通り葉がヤナギのように細い。

ヤナギハナガサ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(6月13日撮影)
2014. 06. 24  
時には高さ2mくらいにもなるアレチハナガサ、初心者の頃はヤナギハナガサとの違いがよく分かりませんでしたが慣れてくると一目瞭然ですね。こちらの方がヤナギハナガサと比べつと花がやや疎らでだらしない印象を受けます。名前のとおり荒地にはこちらばかりかな。

アレチハナガサ

萼筒から花筒があまり伸びない、色がやや薄い等などアップで見ても違いは明らか。

アレチハナガサ

花自体はいかにもクマツヅラ科で可愛いんですけどね。

アレチハナガサ

茎はほぼ無毛、対生する葉は茎を抱かない。茎を抱くダキバアレチハナガサというのもあるそうですがまだ見たことはありません。

アレチハナガサ

下の方の葉程幅広くなり鋭い鋸歯がある。

アレチハナガサ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(6月13日撮影)
2014. 06. 24  
だいぶ前から蕾を見かけていたヤブムラサキ、やっと咲き始めた。

ヤブムラサキ

ムラサキシキブは葉の上に花を咲かせませうがこちらは下に花を咲かせます。

ヤブムラサキ

ヤブと名のつく植物は数多くありますが概ねマイナスのイメージが有る。ヤブムラサキは花自体はムラサキシキブと何ら変わりないからちと可哀そう。

ヤブムラサキ

雄しべより雌しべが突き出ている。柱頭が開いているようだ。雄しべの葯は先端に穴が空いているようでここから花粉が出てくるのかな。

ヤブムラサキ

萼片も枝も毛深い。

ヤブムラサキ

葉の裏の主脈や側脈も毛が生えている。

ヤブムラサキ

クマツヅラ科ムラサキシキブ属

(6月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2014年06月 | 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR