2014. 08. 21  
休耕田に生えたエゾミソハギ、まだ花をつけていないのも幾つもあります。

エゾミソハギ

こういう場所、特に雨の日は注意が必要。水たまりやドロドロの場所があったりして危うく泥だらけになるところでした。

エゾミソハギ

花が少なくスラっとした印象、ここだけかもしれませんが。

エゾミソハギ

茎も萼片も毛が多く間違いなくエゾミソハギ、萼片先端の付属体も平開しておらずこれも識別点。

エゾミソハギ

長短2種類の雄しべがあります。葯の色も花糸の色も違う、何か違いがあるのかな。雌しべは見えてないな。

エゾミソハギ

葉が紅葉しているのもありました、分かりにくいですが頂部が枝分かれして花を咲かせています。

エゾミソハギ

ミソハギ科ミソハギ属

(8月11日撮影)
2014. 08. 21  
田んぼに生えたコケオトギリ、黄色い小さな花を咲かせています。

コケオトギリ

サワオトギリよりひと回り小さくオレンジがかっています。雄しべは5-10本、よく似たヒメオトギリは10-20本と多い。

コケオトギリ

周りの草に水滴が付いているからカメラを接近させて撮りにくい、結局葉の写真は撮ってなかった。

コケオトギリ

花の直下にあるのは苞葉、その下にある葉と形が同じです。

コケオトギリ

オトギリソウ科オトギリソウ属

(8月11日撮影)
2014. 08. 21  
田圃でよく見かけるオモダカ、特徴的な葉を持つのですぐわかります。よく似たアギナシは田圃に生えることはまずない。

オモダカ

雌雄異花で上部に雄花下部に雌花を咲かせる。

オモダカ

黄色い葯を持った雄しべ、本数はそんなに多くはない。

オモダカ

ここんとこ行く度に雨に降られるので花や葉に水滴が付いている写真が多いですね。

オモダカ

こちらは雌花、残念ながら花弁が落ちている。多数の雌しべがあります。

オモダカ

オモダカ科オモダカ属

(8月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2014年08月 | 09月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR