2014. 09. 03  
初めてのタコノアシ、と言ってもこれでは殆ど分かりませんね。肉眼で見ても全く分かりませんが双眼鏡で見てみるとこの範囲内に5株程あるのですが。これでもコンデジ4倍で撮ってます。

タコノアシ

手前にあるこれが一番わかり易いかな。

タコノアシ

奥の方、花序が独特だから何とか分かる。

タコノアシ

こちらは1枚目の範囲外、都合6株程確認できました。

タコノアシ

コンデジでは困難なので友達の一眼デジカメを借りて撮ってみました。2枚目と同じ株です。

タコノアシ

さすが望遠300mmだと威力が大きい、独特な花序の様子がよく分かりますが個々の花までは無理だな。

タコノアシ

3枚目と同じ株、もう草むらの中に埋没しています。

タコノアシ

ユキノシタ科タコノアシ属

(8月28日撮影)
2014. 09. 03  
9月の声を聞く前にヒガンバナが咲いていた、これが咲き始めるといよいよ秋ですね。

ヒガンバナ

こういう深い草むらに入り込む時は注意が必要、手前に溝が隠れていて足がはまってしまった。幸い水はなかったけどね。

ヒガンバナ

長い蕊があってこそのヒガンバナ、これがなければヒガンバナじゃないしな。

ヒガンバナ

でも種子はできないから徒花なら徒蕊。

ヒガンバナ

ヒガンバナ科ヒガンバナ属

(8月28日撮影)
2014. 09. 03  
秋吉台では初めてのワルナスビ、舗装の割れ目に咲いていた。

ワルナスビ

花自体は悪くないんですけどね。花弁は白いけど蕾は紫色、花の色は白~紫と変化があるようです。

ワルナスビ

やはりこの刺が嫌われ者、茎から葉柄から葉までと重武装。

ワルナスビ

バナナ型の雄しべの葯の中央から緑色の雌しべが突き出ています。

ワルナスビ

花弁の裏側も白色でした。萼片に星状毛があるそうだがこれはあまり目立たないな。

ワルナスビ

近くの藪の中にも幾つか咲いていました。左側の花は何故か雄しべが未発達。

ワルナスビ

ナス科ナス属

(8月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR