2014. 09. 11  
台地上や林道沿いに非常に多く見られるメドハギ、これは多く枝分かれしていますがそれほど出ないのも多い。

メドハギ

茎に沿って花を咲かせる、葉に埋もれるように咲くから見た目は地味ですね。

メドハギ

旗弁の付け根に斑紋があるのはこの仲間の共通点、花も真っ白というじゃなく若干黄みがかっているので一層地味。

メドハギ

茎には稜があり伏せ毛が生えている。葉腋には針状の托葉がある。

メドハギ

細長い三小葉の葉、先端に芒状突起がある。

メドハギ

マメ科ハギ属

(9月2日撮影)
2014. 09. 11  
つい最近秋吉台の花に加わったばかりのノブキ、隣の山では沢山咲いているから意外でした。

ノブキ

個々に沢山生えていましたが今のところここだけみたい、もっといろんな場所に生えていればとっくに見つけられているだろうしね。

ノブキ

茎の上部で枝分かれし先端に花序をつける。

ノブキ

花序の中央に両性花、周囲に雌花を咲かせる。よく見ると中央の花は集葯雄蕊が突き出ていますが手前の花は柱頭が開いていて違いが分かります。

ノブキ

雌花だけが実を生らせる、両性花は不稔なので実質雄花。

ノブキ

周辺の花だけ実が生るので果実は平面的になる。成長にだいぶ差が出ていますね。子房時の腺毛がクッツキ虫になりますがそれ程強力ではありません。

ノブキ

キク科ノブキ属

(9月2日撮影)
2014. 09. 11  
ヒナノキンチャクは今まで2ヶ所で確認していますが3ヶ所目を見つけたので記録のためアップ。

ヒナノキンチャク

今年はいつもの場所でも多く咲いているようですがここも結構多く咲いていました、やはり今年の夏の天候が影響しているのでしょうか。

ヒナノキンチャク

花期は7-10月と結構長い。

ヒナノキンチャク

花序の短いのもありました。

ヒナノキンチャク

既に下の方では実が生っています。

ヒナノキンチャク

名前もいいけど花も可愛いですね。

ヒナノキンチャク

ヒメハギ科ヒメハギ属

この辺りではスズサイコも多く咲いていた。台地上で行き当たりばったりで探すより見つけやすいかも。秋になったら実が生っているのを探してみよう。

スズサイコ

(9月2日撮影)
2014. 09. 11  
8月23日訪問したらやっと頭を出し始めていたギンリョウソウモドキ

ギンリョウソウモドキ

すぐ近くのもやっと頭が出た状態

ギンリョウソウモドキ

(8月23日撮影)

10日後にもう一度訪問してみました。1枚目と同じ場所ですが左上に2ヶ所左下に1ヶ所新たに出始めていますが以前見ていたのは

ギンリョウソウモドキ

頭がやっと出た程度、こんなに伸びるのが遅いのか。

ギンリョウソウモドキ

2枚目の写真のも対して変わらない状況でした。

ギンリョウソウモドキ

(9月2日撮影)

2週間経ったら順調に伸びていました。

ギンリョウソウモドキ

(9月16日撮影)
ツツジ科ギンリョウソウモドキ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR