2014. 09. 20  
ヒメジソの大群落の中に生えていたボントクタデ、この時点ではヒメジソは咲いてなかった。

ボントクタデ

花が疎らなのでボントクタデかな。

ボントクタデ

ヤナギタデの葉はもっとほっそりしている。普通黒斑が入るがこれは見られなかった。

ボントクタデ

托葉鞘の縁に長い毛、長さは托葉鞘の半分くらい。托葉鞘基部や茎に伏毛がある、ヤナギタデにはない。

ボントクタデ

やはり日が当たっていると鮮明に撮れますね、花柱は3本、柱頭が扁平で雄しべとの違いははっきり。

ボントクタデ

左の花を見ると雄しべは内側に曲がっているようです。

ボントクタデ

タデ科イヌタデ属

(9月8日撮影)
2014. 09. 20  
暗く湿っぽい林道沿いでよく見かけるハナタデ、イヌタデ属の中でも特に暗い場所が好きなようです。

ハナタデ

群生することが多いけど一株だけ生えているのを撮ってみましたが葉の割に花穂が小さい。普通葉に黒斑があるがこれは殆ど目立ちません。

ハナタデ

それでなくても小さな花なのに暗いから鮮明に撮るのは難しい。

ハナタデ

萼片は普通4-6裂

ハナタデ

5裂というか6裂というかちょっと変わったのもありました。

ハナタデ

托葉鞘の縁に長い毛、托葉鞘より長くなります。

ハナタデ

タデ科イヌタデ属

(9月8日撮影)
2014. 09. 20  
クッツキ虫の中でも一番厄介者のチヂミザサ、これが生えていると藪の中に入って行く気がしなくなりますね。

チヂミザサ

ブラシのような柱頭、細い糸に鳴子をぶら下げたような雄しべ、長い芒といかにもイネ科

チヂミザサ

前の2枚は柱頭も芒も白色ですがこちらは芒が赤色、こういうのを逆光で撮ると綺麗に撮れます。

チヂミザサ

芒だけでなく柱頭もやや赤い。せっかく綺麗に撮りたいのにクモの糸が邪魔だな。

チヂミザサ

茎に短毛が生えていますが長毛が生えるケチヂミザサというのがあるそうですがまだ見たことはない。

チヂミザサ

イネ科チヂミザサ属

(9月8日撮影)
2014. 09. 20  
色合いは地味だけど模様が複雑なので蛾は調べるのが大変だよと思いつつ撮ってみました。まず自分のHPで調べたら既に撮っていてオオカギバだと分かりました。他でも見かけて意外と多いのかもしれない。

オオカギバ

カギバガ科

(9月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2014年09月 | 10月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR