2015. 04. 03  
一度ちょっと寄ったことはあるが実質今年初の秋吉台に行ってきました。もう春の花が続々咲き始めあれも見たいこれも見たい状態、これからは特に断りがない限り秋吉台の花となります。
まずは台地上の早春を代表する花オキナグサ、台地上のあちこちでポツンポツンと咲いていますがやはりここが一番多く一番行きやすいの大抵ここで撮りますね。

オキナグサ

この辺りも山焼きの火が通ったはずで側の笹の茎が少し黒くなっていますが地中の植物には全く影響なし、むしろ山焼してくれないと他の花が生えにくくなります。

オキナグサ

やはり必ず見てみたい花の一つ

オキナグサ

花の時期は意外と短くあと一二週間くらいでしょうか。

オキナグサ

花の内側には多数の雄しべや雌しべ、花粉を媒介するのは大型の蝶だと思われますがこの時期蝶は殆ど見かけませんね。

オキナグサ

まだ芽生えたばかり、赤ちゃんの頃から既に翁仕様(笑)

オキナグサ

キンポウゲ科オキナグサ属

(3月30日撮影)
2015. 04. 03  
これも早春の秋吉台台上を代表するセンボンヤリ、沢山咲いているので普通に見ることが出来ます。

センボンヤリ

こんなに沢山花を付けている株も。こういうのを最初に見つければ後は撮ることもないのだがこれは一番最後で見つけてしまった。

センボンヤリ

長短二組の花を付けているのが多かった。

センボンヤリ

基部には蕾もあった、長短の違いは単に成長時期の違いでしょうか。この時期の葉には長毛が目立ちます。

センボンヤリ

石灰岩の隙間に貯まる土にも生えている

センボンヤリ

秋吉台らしいバックを背景に。

センボンヤリ

花弁の裏側が淡い紫色で別名ムラサキタンポポ。表側も紫色のがあるようですが秋吉台では見たことないな。

センボンヤリ

まさしくタンポポ、でも周りの舌状花は一列なのでシンプル。

センボンヤリ

筒状花からは集葯雄蕊が出ている。周囲には柱頭が二裂した雌しべが出ているがこれは舌状花の雌しべのようだ。

センボンヤリ

キク科センボンヤリ属

(3月30日撮影)
2015. 04. 03  
これも山焼きの後いち早く咲き始めるキジムシロ、ムシロと名がつくからそれにふさわしい花を多く付けているのを撮ってみました。走出枝を出すツルキジムシロというのがあるそうだ。

キジムシロ

周りには焼け焦げた笹の茎、うっかりしゃがんで撮っていると服が炭で汚れて厄介。

キジムシロ

日が横から当たって華やかさが強調されています。

キジムシロ

何故か花弁がとれているのがありました。花の終わりということもなさそうですが。小さな子房から出た花柱や周りの雄しべの様子がよく分かります。

キジムシロ

大きい方が萼片で小さい方が副萼片、ともに長毛が生えている。

キジムシロ

茎の先端が三小葉になりその下の小葉はだんだん小さくなる。

キジムシロ

バラ科キジムシロ属

(3月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR