2015. 04. 04  
ニリンソウと同じ場所に咲いているイチリンソウ

イチリンソウ

この日はまだ開いている花は少なかった。

イチリンソウ

青空をバックに撮るとほんとスプリングエフェメラルですね。ここで日が当たるのはせいぜい4,5月頃までだしな。

イチリンソウ

これも花弁でなく萼片、これは真っ白ですが淡い紫色になることもあるようです。

イチリンソウ

子房は緑色、そこから出ている雌しべの数はニリンソウより多く小さい。

イチリンソウ

中央がイチリンソウで周りがニリンソウの葉、イチリンソウのほうが大きく細かく裂ける。

イチリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(3月30日撮影)
2015. 04. 04  
一面に葉を広げて花を咲かせているニリンソウ、これからまだまだ沢山の花を咲かせます。しかしニリンソウの葉の地面占拠度は半端なじゃないん。

ニリンソウ

まだ冬枯れの林をバックにするといかにも早春の雰囲気

ニリンソウ

長い花茎を伸ばして花をつけます。

ニリンソウ

ニリンソウといえども二輪の花を咲かせるとは限らずこれは正統派、咲く順番がずれることも多いようです。

ニリンソウ

イチリンソウより一回り小さい花、この場所は両方咲いているから比較しやすい。

ニリンソウ

花の裏はやや紫色を帯びる、これは花弁でなく萼片。

ニリンソウ

黄色い子房と柱頭が見えています。雌しべの色や形、数もイチリンソウと異なる。

ニリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(3月30日撮影)
2015. 04. 04  
昨年末辺りから咲いているそうだが沢山咲いていたヤマアイ

ヤマアイ(雄花)

雌雄異株でこれは雄株、雌株に比べて花序が長く伸びる。そう言えば秋吉台ではまで雌株は見つけていないな。元々お株に比べてずっと少ないけど探さなくちゃ。

ヤマアイ(雄花)

花弁はなく緑色の3枚の萼片が開いて雄しべが飛び出す。

ヤマアイ(雄花)

モヤシのような雄しべ、雌雄異花でも雄花に雌しべの痕跡があったりするけどこれは全くなし。

ヤマアイ(雄花)

トウダイグサ科ヤマアイ属

(3月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR