2015. 04. 21  
暗い林内や林道沿いでよく見かけるマムシグサ、この仲間も多いけど秋吉台で見かけるのはこれだけ。

マムシグサ

これで色気があったらな、とも思うけど数が多いからそれはそれで煩わしいだろうなと思う。

マムシグサ

仏炎苞の緑と白の縞模様もそれなりに綺麗。

マムシグサ

こちらは上部が大きく開いている、虫は入りやすいだろうけど雨水が入ってこないかい。突き出た付属体も先が太かったり細かったり結構変化があります。

マムシグサ

合わせ目に穴というか昆虫が通れる通路があるのが雄花、これはちと分かりにくかったけど雄花かな。右前になるか左前になるかは偶然みたい。

マムシグサ

サトイモ科テンナンショウ属

(4月8日撮影)

黒紫色のマムシグサがあったので追加アップ、奥に普通の緑色のと並んでいました。

マムシグサ(黒紫)

地元の自然公園では緑と黒紫色のが混在しているけど秋吉台では初めてかな。

マムシグサ(黒紫)

この林道沿いにも多くのマムシグサが出ていましたが黒紫色のはこれ一つだけでした。

マムシグサ(黒紫)

繊細な模様が美しい、付属体にも斑紋があるようだ。

マムシグサ(黒紫)

合わせ目にはっきりした穴があるのでこれは雄花。

マムシグサ(黒紫)

(4月12日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR