2015. 04. 26  
初めてのヒロハハナヤスリ、もうシダをすることはないと思うけどこれは前から見てみたかった。山口県絶滅危惧種IA類になっています。

ヒロハハナヤスリ

葉だけ見るととてもシダとは思えません。この場所はこの時期大抵通っているんだけどこれではまず気がつかないな。

ヒロハハナヤスリ

胞子嚢が真っすぐ立ってシダ版ミズバショウといった趣

ヒロハハナヤスリ

葉はあまり大きくならず胞子嚢が長く伸びるそうだが夏には枯れるようだ。この場所はその頃は藪になっていて他の植物に光を遮られるしね。

ヒロハハナヤスリ

胞子嚢をヤスリに例えて命名

ヒロハハナヤスリ

ハナヤスリ科ハナヤスリ属

(4月8日撮影)
2015. 04. 26  
林道の湿っぽい場所に咲いているニシノオオタネツケバナ、もう殆ど雰囲気で判断してる(笑)。周りにヤマネコノメソウが生えていて環境が分かるかと思います。

ニシノオオタネツケバナ

頂小葉が特に大きい、オオバタネツケバナもそうだけどこちらの方が草丈が高くなるような気がする。

ニシノオオタネツケバナ

下の方は頂小葉は丸いが上のほうは細長くなる。

ニシノオオタネツケバナ

茎や葉柄は無毛

ニシノオオタネツケバナ

果実も無毛、まだ大きくなっていませんが。

ニシノオオタネツケバナ

この仲間の花はどれも同じだが一応撮っておく。

ニシノオオタネツケバナ

アブラナ科タネツケバナ属

(4月8日撮影)
2015. 04. 26  
この場所に多く生えているコクサギ、雌雄異株でこの日咲いているのは雄花ばかりだった。元々雌株は少ないけどここにあるはずなんだけどな。

コクサギ(雄花)

雄花は総状花序を付ける。

コクサギ(雄花)

雄しべも花弁も4、間に突起のように見えているのが萼片。ミカン科というと白い花弁を思い浮かべますがこれは緑色でほんと地味ですね。特有の匂いがあるそうだが私の鼻では全然匂わなかった。

コクサギ(雄花)

比較的長い花柄

コクサギ(雄花)

葉が2枚ずつ互生するコクサギ型葉序、枝の先の方だとちょっと分かりにくい。

コクサギ(雄花)

ミカン科コクサギ属

(4月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2015年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR