2015. 07. 06  
オニルリソウが終わる頃咲き始めるオオルリソウ、2年前に一度だけ別の場所で季節外れに咲いていたのを見ただけなので同じ林道で咲いているし見分けられるかどうか心配でしたが杞憂でした。

オオルリソウ

見かけは確かにそっくりです。

オオルリソウ

まだ咲き始めたばかりのようで水平方向に茎をあまり伸ばしてないのもありました。オニルリソウでもこんな状態のがあるはずだが見たことないな。

オオルリソウ

花を見てすぐオニルリソウより大きいなと感じました。

オオルリソウ

オニルリソウは花が小さいので撮るときも身構えたりするのですがこれはそんなことがなかったことからも大きいのがわかる(笑)。オニルリソウに比べて付属体の間の白い筋が目立ったように感じました。

オオルリソウ

花の内部を撮るのも容易、と言うことはさすがになかった(^^;)。それでも雄しべの葯や柱頭が見えてます。

オオルリソウ

花の大きさは7,8mm、オニルリソウに比べて一回り大きい。

オオルリソウ

茎の毛は伏毛、オニルリソウは開出毛。

オオルリソウ

果柄は短く萼片は果実に沿っている。オニルリソウは平開や反り返る。と違いは幾つもありますが花を見ただけですぐ分かりましたね。オニルリソウを見てからあまり日にちが経ってないので記憶が新鮮だったかも。

オオルリソウ

オニルリソウの方はもう花は殆ど終わっていましたがまだ花を付けているのもありました。(白い花はドクダミ)

オニルリソウ

長い枝の先に青い花をつけています。

オニルリソウ

花の大きさは4,5mm、はっきり違いがわかる大きさです。撮影しようとしたら花がポロッと落ちた(^^;)。花が付いていたとはいえもう終わりの頃のようでした。

オニルリソウ

ムラサキ科オオルリソウ属

(6月28日撮影)
2015. 07. 06  
この時期林道沿いなどでよく見かけるムラサキニガナ、高さが2mくらいになるのもあって目立ちます。蕾は沢山つけていますがポツポツ咲かせて一斉には開かないようです。

ムラサキニガナ

筒状の花を下向きに咲かせる、花の大きさに比べて総苞が随分小さいですね。

ムラサキニガナ

真下から見上げるように撮るのはもはや定番(笑)

ムラサキニガナ

舌状花だけの花、柱頭が突き出て花粉を押し出しています。

ムラサキニガナ

花粉まみれの柱頭

ムラサキニガナ

下の方の葉は羽状に裂ける、キク科でよく見かけますが上と下とでは葉の形が随分違います。

ムラサキニガナ

キク科ムラサキニガナ属

(6月28日撮影)
2015. 07. 06  
ヤブコウジが咲き始めていた。小さいし地面際に咲くけど数が多いのでよく目につきます。

ヤブコウジ

斑点のある花弁、葯は暗紫色で卵状にまとまりその中から雌しべが突き出る。小さな花なのに花弁にはピントがあっているけど葯にはあっていない、マクロで摂ると焦点深度が極端に浅いのが悩み。

ヤブコウジ

萼は赤く星形。

ヤブコウジ

手前の花は花弁が落ちて花柱だけが残っています。萼はその後閉じていくようです。

ヤブコウジ

花が丸ごと落ちていました、葯も一緒のようです。表横裏とまるで誂えたように落ちていた。

ヤブコウジ

サクラソウ科ヤブコウジ属

(6月28日撮影)
2015. 07. 06  
朽ちかけた倒木に糸状のものがはえていた。
キノコ?

きれいなので撮ってみたけどキノコでしょうか。
キノコ?

小さなホウキタケのような感じです。
キノコ?

(追記)正体判明、ツノホコリという原生粘菌の一種だそうです、ツノホコリは例外的に肉眼的な大きさの子実体を作るとか。

(6月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR