2015. 07. 18  
群生しているモウセンゴケ、と言っても上から見ると殆ど分かりませんね。湿っぽい場所だけどとても湿地とは思えないような場所、同じく湿っぽい場所を好むショウジョウバカマの根生葉も見えています。

モウセンゴケ

横から見ると林立している様子が分かります。草丈10-20cmくらい、細い茎に比べたら随分背が高い。

モウセンゴケ

サソリ型花序(巻散花序)、一度に咲くのは一つだけのようで下ではもう実が生っています。蕾の頃は下に垂れていて頂部に花を咲かせるのはやはり目立たせるためでしょうか。

モウセンゴケ

真っ白で可愛い花、食虫植物と云えども花粉を媒介してくれる昆虫は必要だしね。雄しべは5本、へら状に見えているのが雌しべで3本、基部で2深裂するので6本に見えます。

モウセンゴケ

萼片は緑色で先端が反る。茎に刺状に見えているのは何でしょう、苞葉ではなさそうだし葉の痕跡なのかな。

モウセンゴケ

葉を地面際に放射状に広げる。茎にアリが登っているのを見かけましたがこういう危険地帯を突破していかなくてはいけないのね。

モウセンゴケ

モウセンゴケはやはりこれを撮らなくてはね、ある意味花より注目される葉。

モウセンゴケ

モウセンゴケ科モウセンゴケ属

(7月10日撮影)
2015. 07. 18  
台地上の一角にあるヤブレガサ、茎は大分伸びていますがまだ蕾でした。一週間ご訪問しても変化なし。

ヤブレガサ
(6月13日撮影)

一月後、ちょっと間隔を開けすぎたかなと思ったがまだ花は咲いていました。ここはヤブレガサにしては日当たりが良すぎるのか葉が少し黄色い、下の影になっている葉は緑色だった。

ヤブレガサ

少し茶色くなっているがまだ花としては現役かな。

ヤブレガサ

筒状花だけの花、地味だけど柱頭がクルッとしているのが可愛い、キク科はそれで十分(笑)

ヤブレガサ

上の花は集葯雄蕊から雌しべが出ているけど下の花は雌しべだけ、両性花と雌花があるのかな。

ヤブレガサ

花を拡大、これは雄しべと雌しべが分かれているような。

ヤブレガサ

冠毛も大分伸びてきています。

ヤブレガサ
(7月10日撮影)

キク科ヤブレガサ属
2015. 07. 18  
去年と同じ場所のクマツヅラ、今年は草丈が1/3くらいで小さいなと思ったら去年は9月撮影でした、これからまだ伸びるのかな。別の場所のを見つけたかったけどまだここだけ。

クマツヅラ

茎の先端に長い花序をつけ下から咲いていく。

クマツヅラ

上の蕾と下の花が散った花後との中間的なのがなくパッと咲いてパッと散るようです。

クマツヅラ

上から見ると輪生状に咲いている。

クマツヅラ

花の奥に毛が生えて蕊が見えないのでノッペリした印象を受ける。5裂した花冠は同じ大きさでなく下のほうが大きいようだ。

クマツヅラ

3裂する葉、裂片は更に裂ける。

クマツヅラ

茎は四角い、僅かに毛が生えているようだが節の部分に多い。

クマツヅラ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(7月10日撮影)
2015. 07. 18  
見慣れない赤い花が咲いていると思ったら

ネジバナ

ネジバナだった。一輪しか咲いていないから捻れているかどうか分からないじゃないか。

ネジバナ

奥に喉仏、じゃなくて黄色い花粉塊が見えている。

ネジバナ

ラン科ネジバナ属

(7月10日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR