2015. 07. 25  
去年と同じ場所のコカモメヅル、去年は花の数が少なく場所が分かっているのにやっと見つけましたが今年は多くて簡単に見つかりました。

コカモメヅル

花柄も小花柄も長い、オオカモメヅルは小花柄が短い。

コカモメヅル

ヒトデのような可愛い花、この仲間はチョコレート色のが多いけど花としてはこの色は珍しいかな。

コカモメヅル

中央に蕊柱、その周りの爪のようなのが副花冠、花弁には微毛がある。

コカモメヅル

何故か葉の上に花がそっくり落ちていた、こんな散り方をするかな。

コカモメヅル

葉は3角状卵形~卵状披針形、先は尖り、基部は浅心形、ただ変異はありそうです。

コカモメヅル

キョウチクトウ科オオカモメヅル属

(7月15日撮影)
2015. 07. 25  
ヌスビトハギと同じ林道だったのでついヌスビトハギと思って撮っていたけどヤブハギもあったよなと慌てて思い出す(^^;)

ケヤブハギ

ヌスビトハギと違い下部に葉が集まるので上の方には葉がありません。

ケヤブハギ

ヤブハギの中で毛が多いのがケヤブハギ、花柄や葉柄に毛が多い。

ケヤブハギ

花はヌスビトハギと変わりなし。

ケヤブハギ

茎にも毛が散生、写さなかったけど葉にも毛が多い。

ケヤブハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(7月15日撮影)
2015. 07. 25  
ハギと名のつく花は秋のイメージがありますが夏の7月頃から咲き始めてきます。ヌスビトハギもその一つ、もう大分咲いてきています。

ヌスビトハギ

可愛い花だしせっかくハギと名が付いているからもっといい名前をつけてあげればよかったのにね。ヌスビトハギも随分インパクトがあるけどね。

ヌスビトハギ

全般に赤っぽい花が多い。

ヌスビトハギ

丸い旗弁、左右の翼弁が一番色が濃い。基部が筒状になった雄しべの中央から雌しべが突き出ている。

ヌスビトハギ

白っぽい花もあるけどそれでも翼弁には色が残っている。

ヌスビトハギ

花柄には毛が少ないそうだがこれは随分生えている。

ヌスビトハギ

まだ花がしっかりしているのに子房が伸びて果実に生り始めている。まるで機械仕掛で伸びてきたようだ。

ヌスビトハギ

3小葉の葉、頂小葉がやや大きい。巾の広い部分が中央から基部側にある、マルバヌスビトハギは先端側にある。

ヌスビトハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(7月15日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR