2015. 07. 28  
初めてのトウコマツナギ、こんなとこにあったのか。コマツナギと同じ小低木ですがコマツナギはここまで大きくはなりません。

トウコマツナギ

中国原産、道路法面などの緑化のため導入されたようです。

トウコマツナギ

総状に咲く花、下の方は既に実が生り始めています。

トウコマツナギ

花はコマツナギと同じだが一回り大きいかな。

トウコマツナギ

旗弁翼弁竜骨弁の蝶形花、旗弁基部には斑紋、筋も入っていますが一般的な特徴ではなさそう。

トウコマツナギ

奇数羽状複葉で小葉は7-13枚、小葉もコマツナギより大きい。

トウコマツナギ

完全に後ピンになっていますが幹の太さは4,5cm、コマツナギは草と間違えそうな太さですからね。

トウコマツナギ

マメ科コマツナギ属

(7月20日撮影)
2015. 07. 28  
湿っぽい場所に咲いているコケオトギリ、同じ場所にサワオトギリも咲いていますがオトギリソウはないですね。

コケオトギリ

コケは小さいという意味で使われることがありますがこれも花が小さく5,6mm程度、黄色い花だがやや赤みが強い。

コケオトギリ

雄しべの数は5-10本と少ない、これは5本しかないようだ。細く見えているのが萼片で画面左下で更に下側幅広く見えているのが苞葉でしょうか。

コケオトギリ

子房から3本の雌しべが出ている、丸い柱頭が可愛い。

コケオトギリ

これは雄しべがまとまっています。花弁が大分反り返っている所を見ると花の終わりの頃なんでしょうか。

コケオトギリ

対生する葉が茎を抱く。明点はあるが黒点はない。透かしてみないと分からないな。

コケオトギリ

オトギリソウ科オトギリソウ属

(7月20日撮影)
2015. 07. 28  
去年この辺りでヤマニガナを見つけているので今年もそろそろと思って探していたらあった・・・と思ったが残念コウゾリナでした。

コウゾリナ

同じ舌状花だけの花ですがこちらの方が舌状花が多い。花期は長く何処でも見られるので秋吉台では撮ったことなかったなと思い折角なので撮ってみました。

コウゾリナ

総苞は筒型で上部が窄まる。内片は披針形で外片は短くともに剛毛が生える。

コウゾリナ

茎にも剛毛、よく見ると先端が2裂しています。

コウゾリナ

葉の縁にも短毛が生える。

コウゾリナ

キク科コウゾリナ属

(7月20日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR