2015. 07. 30  
秋吉台では多分ここだけのギンバイソウ、道から見えているのですが

ギンバイソウ

近寄るのは困難で一大決心が必要です、でもそれだけの価値はあるな。

ギンバイソウ

これでもアジサイの仲間

ギンバイソウ

アジサイの仲間なので花弁はなく萼片、多数の雄しべに1本の雌しべが突き出ている。

ギンバイソウ

一応装飾花もありますが生殖花がこれだけ派手だと必要ないな、それでも淡いピンク色が綺麗。

ギンバイソウ

雌しべは普通1本ですがこれは2本ある。

ギンバイソウ

葉の先端が裂ける独特な形。普通なら花が咲いていない時の識別に役立つけれどここはあると分かっていて着ているからな。
名前がよく似たギンパイソウ(ナス科)、ギンバイカ(フトモモ科)がありますが植物としては全然関係はありません。

ギンバイソウ

アジサイ科ギンバイソウ属

(7月20日撮影)
2015. 07. 30  
秋吉台では初めてのヒメヒオウギズイセン、去年までは全く見てないのに今年は車で走りながらでもやたら目についた。でもわざわざ止めてまで見る程でもないので林道を歩きながらの場所で撮ってみた。

ヒメヒオウギズイセン

ヨーロッパでヒオウギズイセンとヒメトウショウブとの交雑によってつくられた園芸植物だそうですがヒオウギズイセンやヒメトウショウブを検索してもこの花ばかり出てきますね。下の方から先上がっていき花が終わると丸ごと落ちるようです。

ヒメヒオウギズイセン

朱赤色の花被片、下部はやや黄色く基部には斑紋がある。

ヒメヒオウギズイセン

雌しべ先端は3裂、柱頭も裂けているようだ。雄しべは3本、葯が細長く矢尻型をしている。

ヒメヒオウギズイセン

横から見ると花粉を出す面は下向きになっている。

ヒメヒオウギズイセン

細長い葉、種子は普通できず球根で増えるようです。

ヒメヒオウギズイセン

アヤメ科ヒオウギズイセン属

(7月20日撮影)
2015. 07. 30  
一輪だけ咲いていたヒキヨモギ、上唇の長毛が目立ちます。

ヒキヨモギ

正面から見るとボサボサ頭の人の顔に見えないこともない、目はあるし髭もあるし。

ヒキヨモギ

雄しべは上唇の中にあって見えません、雌しべの柱頭だけが突き出ている。

ヒキヨモギ

細裂した葉、草丈も1m以上になるし花が咲いていなくても目立ちます。全体像を撮ってなかったしもっと花を咲かせているだろうと5日後にもう一度行ってみたら花は萎み他の花も咲いてなかった。半寄生なので他の植物に寄生出来なくて栄養不足だったのかな。

ヒキヨモギ

ハマウツボ科ヒキヨモギ属

(7月20日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2015年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR