2015. 08. 07  
林道脇に咲いていたヤマニガナ、アキノノゲシが頭花を円錐状につけるのに対してこちらは少ない。でもアキノノゲシでも少ないのもあるけどね。

ヤマニガナ

花弁の色もこちらの方が少し濃いかな。

ヤマニガナ

舌状花だけの花、枚数は8-10枚でこれは9枚

ヤマニガナ

こちらは10枚、アキノノゲシはもっと多く舌状花の隙間はあまり見られない。

ヤマニガナ

ほっそりした総苞、これはあまり違いはない。

ヤマニガナ

既に綿毛が出来ています。アキノノゲシの痩果が真っ黒なのに対してこちらは褐色、大きさも大きい。

ヤマニガナ

キク科アキノノゲシ属

(7月25日撮影)
2015. 08. 07  
前回花が十分開いていなかったのでもう一度来てみました。この区画は去年まで生えていなかった場所、でも目を凝らさないと気がつかないからうっかり動き回れません。

ホンゴウソウ

左白く見えているのがヒナノシャクジョウ、どちらも秋吉台では超A級のレア物、それが同じ場所で見られるのだからなんとも贅沢な場所。

ホンゴウソウ

雌雄異花で上部に雄花株に雌花をつける。雌花は咲いているが雄花はまだかな。中間の黒っぽく見えているのは多分雄花。ピンボケになっていますが茎の下部の方で黄色く見えているのは多分鱗片状になった葉です。

ホンゴウソウ

雌花は刺状の花柱が多数出たクリの毬のよう、花柄の基部に見えているのは苞葉になるんでしょうか。左に見えているのが雄花かな。

ホンゴウソウ

これも多分雄花。

ホンゴウソウ

これも雄花、先端が尖って反り返っているのが花弁でしょうか。

ホンゴウソウ

ホンゴウソウ科ホンゴウソウ属

(7月25日撮影)
2015. 08. 07  
クサギに大きなイモムシがいた

シンジュサンの幼虫

画面の中だけでも5頭、画面外にも1頭いて計6頭

シンジュサンの幼虫

以前見たことがあるなと思ったけどシンジュサンの幼虫でした、幼虫もいいけど成虫も見たいな。

シンジュサンの幼虫

長さ5,5cmと大きい。

シンジュサンの幼虫

前のと同じ個体ですが警戒しているのか実を縮めて体は太くなっています。

シンジュサンの幼虫

黄色と水色の足元がお洒落。

シンジュサンの幼虫

ヤママユガ科

(7月25日撮影)
2015. 08. 07  
ミツバアケビの青い実がぶら下がっていた、ここはあまり人の通らない林道だけど食べられる頃にはまず無くなっているだろうから今の内に撮ってアップしておこ。

ミツバアケビの青い実

手の届く距離にあるのにね、だからこそ無くなるんだけど。秋に食べられるようなのを見つけても遙か上の方だしな。

ミツバアケビの青い実

一つの花から3つも生っているのもありました。

ミツバアケビの青い実

アケビ科アケビ属

(7月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR