2015. 08. 20  
去年は多く咲いていたけど今年は3,4株程度だったマツバニンジン、去年は雨が多くてそのせいでしょうか、今年くらいの少なさが普通ですね。あまり背景を入れたくないのでトリミングがきつい。

マツバニンジン

真直ぐ茎を伸ばし上部で横に枝を広げて花を咲かせます。1日花なので一度には多く花を付けない。

マツバニンジン

淡紅紫色の花、キバナノマツバニンジン程自己主張が強くないのがいかにも日本的でしょうか、在来種では唯一のアマ属の花だそうです。

マツバニンジン

こちらはちょっと色合いが違う、花が風で揺れて撮りにくいので多数撮っておかなくてはいけません。

マツバニンジン

雌しべ5本雄しべ5本、柱頭は扁平

マツバニンジン

こちらは雌しべ3本、雄しべ2本、花によって違うのでしょうか。

マツバニンジン

上の方の葉は横に開いていますが下の方の葉は茎に沿っています。でもキバナノマツバニンジンほど極端ではないですね。

マツバニンジン

アマ科アマ属

(8月11日撮影)
2015. 08. 20  
遊歩道沿いなどで普通に見られるノアズキ、駐車場近くが一番多いから大抵そこで撮影しますね。

ノアズキ

花はヤブツルアズキとそっくり、これで竜骨弁が逆回りだったりしたら区別が楽なんですけどね。台地上ではヤブツルアズキは見たことないですが。

ノアズキ

もっとも葉の形が全然違うので区別がつきますけどね。

ノアズキ

萼片先端は5裂、赤い腺点があるそうで赤っぽく見えているのがそうでしょうか。

ノアズキ

腺毛も生えています。

ノアズキ

マメ科ノアズキ属

(8月11日撮影)
2015. 08. 20  
林道沿いに咲いていたコバノセンダングサ、センダングサよりずっと多い。

コバノセンダングサ

センダンに葉が似ているからセンダングサ、センダングサの葉が細裂しているからコバノセンダングサ、ここまでくるともうセンダンとは似ても似つかない。

コバノセンダングサ

舌状花は5枚かと思っていましたが必ずしも一定してないようです、これは3枚

コバノセンダングサ

こちらは4枚、舌状花がないのもあるようです。

コバノセンダングサ

筒状花から出た柱頭が花の中の花のようです。

コバノセンダングサ

総苞は筒型

コバノセンダングサ

キク科センダングサ属

(8月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR