2015. 08. 21  
林道沿いに咲いていたヒヨドリジョウゴ、これは普通に見られるから特に場所を覚えることもなく出たとこ勝負。

ヒヨドリジョウゴ

お馴染み花弁が反り返った花、基部の緑色の斑点を目立たすためなんでしょうか。

ヒヨドリジョウゴ

蕊の構造を見るとやはりナス科ですね。

ヒヨドリジョウゴ

葯の先端には穴が開いていて花粉が出てくる、その場面は見たことないですが。

ヒヨドリジョウゴ

花弁が反り返る前の状態、反り返っていく様子をスローモーションで見てみたいな。

ヒヨドリジョウゴ

基部がくびれた3裂する葉、5裂することもあるそうだが見たことはない。

ヒヨドリジョウゴ

茎には長毛短毛がはえる、よく似たマルバノホロシは無毛。

ヒヨドリジョウゴ

ナス科ナス属

(8月11日撮影)
2015. 08. 21  
ケナシヒメムカシヨモギを撮ったのでヒメムカシヨモギも撮ってみました。こちらの方が草丈は高くなりますがそうでないのもあって区別にはなりません。

ヒメムカシヨモギ

小さいながらも舌状花の目立つ花、よく似たオオアレチノギクは舌状花が目立ちません。こちらではヒメムカシヨモギのほうがずっと多い。(過去の記録を見てみるとオオアレチノギクは1度しか撮ってないな(^^;))

ヒメムカシヨモギ

ケナシヒメムカシヨモギに見られる総苞片先端の斑点がありません、毛も生えています。

ヒメムカシヨモギ

茎の毛の生えっぷりも凄い、葉の縁にも毛が生えています。ケナシヒメムカシヨモギのほうがずっと多かったらヒメムカシヨモギのほうがケ・ヒメムカシヨモギとなったんだろうな。

ヒメムカシヨモギ

キク科ムカシヨモギ属

(8月11日撮影)
2015. 08. 21  
秋吉台では未だコヒルガオを見ていない、コヒルガオ自体一度見たきり。でこれはひょっとしてと思ったのですが

ヒルガオ

葉の基部が横に強く張り出すのがコヒルガオ、これは十分張り出ていると思うのですが。ただ1枚目の写真を見ても張り出し具合は結構差があるように見える。

ヒルガオ

コヒルガオは花柄に翼があるのですがこれはないのでヒルガオでした、残念。ただヒルガオとコヒルガオとの雑種アイノコヒルガオがあってそれは花柄に稜があるが翼はないそうだ、稜があるようにも見えるけどもっとよく観察しておけばよかった。花の基部にあるのは苞葉で萼を包んでいます。

ヒルガオ

雄しべの中から雌しべが突き出る、ハート型の柱頭が可愛い。

ヒルガオ

ヒルガオ科ヒルガオ属

(8月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR