2015. 08. 22  
林道脇に広がったハシカグサ、ここは薄暗い場所ですが明るい場所でも生えていたりします。基本的に湿っぽい場所が好きなようです。

ハシカグサ

横に広がり時には茎を真直ぐ立てて花を咲かせる。茎の頂部や葉腋に数個の花を付けます。

ハシカグサ

花弁は4枚、上から見ると真四角な花。雄しべも4本十字形に見えています。

ハシカグサ

雌しべは2本、丸い柱頭が2つ見えています。雄しべが3本しかありませんが初めから1本なかったような。

ハシカグサ

花弁が5枚のもあります、それに従って雄しべも5本。雌しべは見えてないけど今から伸びてくるのかそれともないのか。

ハシカグサ

萼片には長毛がはえる、無毛のオオハシカグサというのがあるそうだが中部地方日本海側から東北地方でこちらにはない。

ハシカグサ

卵形の葉、表面に軟毛がはえる。

ハシカグサ

アカネ科ハシカグサ属

(8月11日撮影)
2015. 08. 22  
去年撮影した場所はすっかり草刈りされていましたが近くの休耕田で何株か生えていました。

ハッカ

雑草だらけ、そこから頭ひとつ突き抜けて花を咲かせています。

ハッカ

節ごとに多数の唇形の花をつける。下から咲き上がっていき一番下は既に花が散り始めている。

ハッカ

雄しべの花糸は白だが雌しべの花柱は紫色で違いが分かる。左下の花は柱頭が2裂しているかな。

ハッカ

花拡大、柱頭は2裂していない、雄性先熟でしょうか。

ハッカ

花が丸ごと落ちていました。こういうのは他の花でもよく見かけますが大抵花柱は残る。これは花柱もそっくり落ちています。

ハッカ

シソ科ハッカ属

(8月11日撮影)
2015. 08. 22  
休耕田の泥濘の中に生えていた、初めは見慣れぬ花が咲いていると思って無理して近づいたよ。

クズヒトヨタケ

細い柄があります、キノコのようです。見たことあるなと思って過去の記録を調べてみたらキツネノハナガサのようです。傘の大きさは1cm以下で狐には無理だけどなんともお洒落な名前。

クズヒトヨタケ

キツネノハナガサなら柄に鍔があるはずと思ってよく見たら地面際にありました(矢印)。

クズヒトヨタケ

キノコとは思えない膜のような傘

クズヒトヨタケ

中央部がやや凹む、ここがレモンイエローになることもあるようです。襞の様子を撮りたかったけど下がどろんこ状態で無理でした。

クズヒトヨタケ

(追記)クズヒトヨタケやヒメクズヒトヨタケの可能性もあるのでタイトルに?をつけておきました。
(追記2)どうやらクズヒトヨタケのようです。鍔は早落性で早くに無くなるとか。ただヒトヨタケ科には似たのが多くて断定は出来ません。やはりキノコは難しい(^^;)

ハラタケ科キヌカラカサタケ属

(8月11日撮影)
2015. 08. 22  
林道脇に生えているアマチャヅル、ここでは絡みつく相手がいないから地面を這いまわっています。

アマチャヅル

雌雄異株でこれは雄花、ここでは実を見たことがないから雄株しかないのかな。地面際に下向きに咲いているから撮りにくいこと、まともに写せたのはこれくらい。

アマチャヅル

鳥足状複葉、下側の小葉が左右の小葉柄から出ています。

アマチャヅル

葉腋から蔓を伸ばして相手に巻き付く、巻き付くというより支えバネのようなものですかね。

アマチャヅル

ビローンと伸ばしてみました。中央から左右で巻き具合が反対になっています、それは当然なんですけどね。絡む相手を見つけたら中央から巻いていくと当然そうなる。

アマチャヅル

ウリ科アマチャヅル属

(8月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2015年08月 | 09月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR