2015. 10. 06  
初めてのオオバショウマ、薄暗い林内に咲いていた。

オオバショウマ

サラシナショウマに比べて花序がやや疎らな印象

オオバショウマ

一番の違いはサラシナショウマが花柄があるのに対してこちらは無柄ということでしょうか。花弁や萼片は早く落ちる。

オオバショウマ

雄しべが落ちた後雌しべが見えています。普通1本だそうですがこれは2本見えています。しかしブレ写真量産、まともに撮れているのは無かったな(^^;)

オオバショウマ

サラシナショウマが2-3回3出なのにたいしてこちらは1回3出。これは小葉で5-9裂、名前の通りずっと大きい。

オオバショウマ
(9月28日撮影)

前の写真がブレブレばかりだったので撮り直してきました。一週間後の様子です。

オオバショウマ

メインの花軸はほぼ花が終わり枝の花軸がちょうどいい具合に花が咲いていました。

オオバショウマ

雄しべはすっかり落ちて花柱だけが残っています。

オオバショウマ

雌しべは普通1本だけど2本のもありました。扁平な柱頭には毛が生えているようです。

オオバショウマ

雄しべばかり目立つ花、横から見ると雌しべは見えてないな。花軸の先端辺り、もうこれ以上花は咲かせないよとまるで蓋をしているようだ(笑)

オオバショウマ

雄しべの中に雌しべが見えています、まだ柱頭は開いてないかな。

オオバショウマ
(10月4日撮影)

キンポウゲ科サラシナショウマ属
2015. 10. 06  
もうそろそろ終わりかけのヒメノハギ、僅かに花が咲いていた。今まで見てきた場所はすっかり器械で草刈され丸坊主、見られなくなったのでここまで遠征。

ヒメノハギ

普通なら午後には花が青くなることが多いのですがこの日は綺麗に咲いていた。ヌスビトハギと名が付かなくてよかったなと思う素敵な色合い。

ヒメノハギ

背後から、鋭く尖った萼片が旗弁を支えているようです。

ヒメノハギ

筒状になった雄しべが飛び出ています。

ヒメノハギ

雄しべの中に雌しべが見えているような。花柄には腺毛がいっぱい。ほんといい色合いですね。

ヒメノハギ

花は終わりの頃なのに実はあまりなってなかったな。これは2節ですが3,4節のもあったりしてヌスビトハギとは違います。

ヒメノハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(9月28日撮影)
2015. 10. 06  
林道脇に咲いていたハナヤクシソウ

ハナヤクシソウ

ヤクシソウの中で葉が羽状深裂するタイプ、これは裂け方がそれ程ではない。

ハナヤクシソウ

上の方ほど裂け方が小さくこれは中間的な感じ

ハナヤクシソウ

それでも葉の基部は茎を抱く。

ハナヤクシソウ

花は変わりなし。ヤクシソウよりずっと少ないですが大抵同じ場所で咲いています。

ハナヤクシソウ

キク科アゼトウナ属

(9月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プルダウンリスト
QRコード
QR