2015. 10. 11  
秋吉台では初めてのホシアサガオ、と言っても前に見たのは9年前の1度きりですが。ここにはもっと広範囲に生えていたようですが草刈され僅かにこの部分が残っていました。

ホシアサガオ

1.5cm程の小さなアサガオ、マメアサガオと大きさは同じですがあちらは真っ白なのに対してこちらは淡紅色。

ホシアサガオ

花の奥が濃い色。葯が白い、マメアサガオは赤い。

ホシアサガオ

細長い鐘形の花、一つの花柄に数個の花を付けるようです。

ホシアサガオ

小花柄にいぼ状の小さな突起、マメアサガオは突起がもっとはっきりしているとか。

ホシアサガオ

葉は卵形ですが見ての通り全縁のから3裂5裂しているものまで変化は大きいようです。

ホシアサガオ

ヒルガオ科サツマイモ属

(10月4日撮影)
2015. 10. 11  
ホシアサガオに関連してベニバナマメアサガオというのがあるのを知りました。ホシアサガオ自体は10年前まだ初心者の頃見ていたがその後全く見かけず。今回ホシアサガオをアップするのに際してもう一度見てみたらどうもベニバナマメアサガオのようでした(^^;;;。なので再度アップしてみます。

ベニバナマメアサガオ

ベニバナマメアサガオにしては花の色が薄いけど奥が濃い色でなく葯も赤いのでやはりこれはホシではなくマメですね。

ベニバナマメアサガオ

博物館の収蔵庫から新発見とか古い写真乾板から未知の彗星発見なんてのがあるというのは聞きますがまさしくその気分(笑)。でもアップしていたのは1枚だけだったのに画像が5枚も残っていてホッ。

ベニバナマメアサガオ

場所はうっすら覚えているような気もするけど多分探しに行っても無理だろうな。

ベニバナマメアサガオ

ヒルガオ科サツマイモ属

(05年9月18日撮影)
2015. 10. 11  
日当たりの良い湿地に咲き始めたイヌセンブリ、センブリのような苦味が無いからイヌと名付けられましたが各地で絶滅危惧種になっています。ここは来る度に生えてる生えてると確認していたのですがこの株は確認してなかったな。

イヌセンブリ

やはり花弁基部から生える髭もじゃのような毛が特徴、葯は明るいオレンジ色、その後黒くなります。

イヌセンブリ

萼片はセンブリより幅が広いそうですが直接比較しないと分かりづらいですね。

イヌセンブリ
(9月28日撮影)

一週間後にもう一度来てみたら随分咲いていました。

イヌセンブリ

ここのは背が低いのが多い。

イヌセンブリ

同日別の場所、今年は随分生えていました。年によって随分違うな。

イヌセンブリ

草丈5cm程度から50cmを超えるものまで随分違いがあるけど大きいからといって早く咲くわけでもなくこれなんか一番小さいレベル。

イヌセンブリ

まだ葯は裂開してないようです。

イヌセンブリ

4弁のもありました。この仲間は花弁の変化が結構あるので6弁以上のも探してみたけど見つからなかった。

イヌセンブリ

朝一番で行ったので葯に朝露がついています。

イヌセンブリ

花は必ず茎の頂部から咲くようです。右側の茎は紫色をしているけど左は緑色、随分違う。

イヌセンブリ
(10月4日撮影)

リンドウ科センブリ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プルダウンリスト
QRコード
QR