2015. 10. 25  
初めてのイヌホオズキ、と書いてえーっ初めてだったのか、と自分で自分に驚く(^^;)。今まで見ていれば撮らないわけ無いからやはり初めてだったんですね。

イヌホオズキ

何気なく気まぐれで入ったような場所で思わぬお宝に巡り会えました。しかしアメリカイヌホオズキに圧倒されて裏長屋に潜んでいるような場所。

イヌホオズキ

花序の花の数は4-10と割と多い。

イヌホオズキ

総状花序をつける、でも見る限り大きくずれているのは一つだけ。

イヌホオズキ

こちらは花の数が5つ

イヌホオズキ

やはり1つだけ大きくずれている。すぐ側にはアメリカイヌホオズキもあり少しアメリカの血が入っているかも。

イヌホオズキ

花の色は白だけ。実は生っていなかったが果実落下時に萼片が残っているかどうか確認しなくては。

イヌホオズキ

広卵形の葉、やはりアメリカイヌホオズキとは大分違う。

イヌホオズキ

この仲間は他にオオイヌホオズキ、テリミノイヌホオズキ、カンザシイヌホオズキ、ムラサキイヌホオズキと区別が難しいのが多いようです。幸か不幸か数は少なそうですが。

ナス科ナス属

(10月16日撮影)
2015. 10. 25  
道端のどこでも普通に見られるアメリカイヌホオズキ、紫色が綺麗だったので撮ってみました。

アメリカイヌホオズキ

色は白~紫と幅広い、これはかなり色が濃い。

アメリカイヌホオズキ

同じ花序の中に白いのもありました。

アメリカイヌホオズキ

ナス科らしい花、こうやって見ると結構綺麗だけどこれもインフレで価値を下げている。

アメリカイヌホオズキ

黄色い雄しべの葯の間から緑色の柱頭が顔を覗かせています。

アメリカイヌホオズキ

花は散状につく(花柄の起点が1点)。この時点では他との区別を考えていなかったからこんな写真しかなかった。

アメリカイヌホオズキ

起点がややずれていますがオオイヌホオズキと言う程ではなさそう。他の似た仲間は花序の花が5以上で4以下ならほぼアメリカイヌホオズキと断定していいかな。実が生っていませんでしたがアメリカは艶がある、オオはやや艶がある、イヌホオズキは艶がない。更にイヌホオズキは果実が落ちても萼片が残っているが他の2つは少果柄ごと落ちるそうです。

アメリカイヌホオズキ

葉は幅が狭くて薄い、他と比較しての話ですが。

アメリカイヌホオズキ

ナス科ナス属

(10月16日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プルダウンリスト
QRコード
QR