2015. 10. 27  
秋吉台では初めてのマルバアサガオ、江戸時代に観賞用として入ってきて今は各地で野生化しているそうです。

マルバアサガオ

野生のアサガオは青系のを多く見かけていましたがこの鮮やかな赤色が目を引きました。紅紫色を中心に赤青白などいろんなが色があるようです。

マルバアサガオ

雄しべの中から雌しべが長く突き出ている。

マルバアサガオ

萼片には長毛が密生、基部の線状のは苞葉のようです。この日は見かけませんでしたが果実が下向きになって他のアサガオと区別出来るとか。

マルバアサガオ

心形の葉、先端が急に尖る。

マルバアサガオ

ヒルガオ科サツマイモ属

(10月16日撮影)
2015. 10. 27  
ツルグミが咲き始めていた。ツルと名が付いているがちっともツルらしくない。他の木に寄り掛かるように成長していくようでこれは垂れ下がっていた。一段高い場所に登らなくてすんでホッ、でもここは藪になった山道を通らなくてはいけないので朝露とくっつき虫で大変。

ツルグミ

葉の表側は殆ど無毛で艶があリあまりグミらしくない。

ツルグミ

葉の裏が赤っぽいのが特徴。

ツルグミ

赤褐色の鱗状毛が密生しているそうだがコンデジでは無理だな。

ツルグミ

グミのどれもよく似ている。同じ頃咲くナワシログミと比べて筒の部分が細い。

ツルグミ

花冠は4裂、中に4本の雄しべと丸い柱頭を持つ雌しべが見えている。

ツルグミ

グミ科グミ属

(10月16日撮影)
2015. 10. 27  
稲刈りの終わった田圃脇に咲いていたオオジシバリ

オオジシバリ

春に咲く花ですが秋や時には冬にでも見ることが出来ます。過去の記録を見ると写真者の頃以外は殆ど秋や冬に撮っているな。私にとっては花の少ない季節の貴重な花、その分普通に咲く頃は見向きもしない(汗)。

オオジシバリ

ジシバリとは葉の形が違いますが大きさもこちらの方が一回り大きい。

オオジシバリ

右側の円筒形の蕾から花が開いていく様子をスローで見てみたいものだ。

オオジシバリ

ここは北向きの斜面だけど花は殆ど南側を向いていました。

オオジシバリ

午後3時頃の撮影で太陽の方を向いていた。太陽を追いかけていたわけでもないでしょうが。

オオジシバリ

キク科ニガナ属

(10月16日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プルダウンリスト
QRコード
QR