2015. 10. 29  
沢山の花を咲かせていたキッコウハグマ、白く見えているのがみなそうです。2週間前来た時は全く咲いてなかったのにな。

キッコウハグマ

少し近づけるとキッコウハグマらしい花の様子が分かります。

キッコウハグマ

それにしてもこんなに沢山咲いているのは初めてみました。

キッコウハグマ

横方向から。

キッコウハグマ

あまりに多く咲いていたので目移りして花のドアップはあまり撮ってなかった(汗)

キッコウハグマ

既に綿毛が出ています、これは閉鎖花からでしょうか。閉鎖花なのか蕾なのかそれだけなら8月頃から見られますね。

キッコウハグマ

シンプルだけどキリッとした花、これはお気に入りなので毎年撮りたいし比較的多く見られます。シンプルと言っても頭花は小花3つからなるからそれ程シンプルでもない。

キッコウハグマ

葯筒から開いた柱頭が突き出ているけどこういうのを見るのは初めてかな。

キッコウハグマ

茎の下部に5角形をした葉が集まる。この仲間はキッコウハグマしかないし、あまり下草が生えない斜面に生えているので花を咲かせる前から目につきます。

キッコウハグマ

キク科モミジハグマ属

(10月23日撮影)
2015. 10. 29  
秋吉台では初めてのエビスグサ、熱帯アメリカ原産だけど江戸時代に薬用として中国から入ってきて各地で野生化しています。

エビスグサ

マメ科だけど蝶形花にはならず花弁はほぼ同型同大、大きさはだいぶ違うけど雰囲気はカワラケツメイに似ている。

エビスグサ

雄しべは10本でしょうか、雌しべがグニャッと曲がって柱頭が雄しべと向かい合っている。自家受粉でもするんでしょうか。曲がっている部分は花柱ではなく子房。

エビスグサ

萼片は緑色で5枚、雄しべは花冠から出ていないようだ。

エビスグサ

果実になる頃には真っ直ぐになるようです。先端部分がやや細くそこが花柱でしょうね。

エビスグサ

花はマメ科らしくないけど葉はマメ科らしい。偶数複葉で小葉は3,4対、倒卵形~楕円形。

エビスグサ

葉柄に蜜腺があります。

エビスグサ

マメ科センナ属

(10月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2015年10月 | 11月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プルダウンリスト
QRコード
QR