2015. 11. 02  
台地上の所々で群生しているセイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

あまり増えすぎるのも困るけどもはや秋の風景の一部となっています。

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウと枯れ薄、遠方中央の山が御鉢山でその左奥に見えているのが秋吉台の最高峰龍護峰

セイタカアワダチソウ

2m以上の高さになるのも珍しくない。

セイタカアワダチソウ

茎の上部で円錐花序をなす。

セイタカアワダチソウ

時に上部が枝分かれしているのも見かけます。これは花序の上部がそろそろ終わりの状態。

セイタカアワダチソウ

枝の上側に密集して花を咲かせる。

セイタカアワダチソウ

筒状花の葯筒から花柱が突き出ている。リポン状に見えているのが舌状花、冠毛も見えているようだ。

セイタカアワダチソウ

キク科アキノキリンソウ属

(10月23日撮影)
2015. 11. 02  
群生状態のセンボンヤリ閉鎖花と綿毛。遊歩道を歩いていると大抵見られますがこんな群生状態は初めてみました。

センボンヤリ(閉鎖花と綿毛)

閉鎖花といえば地味だったり存在その物が気が付かなかったりしますがこれは凄く分かりやすい。

センボンヤリ(閉鎖花と綿毛)

まさしく天を衝く槍、高さは30-60cmくらい。中央の黄色い花はカセンソウ、まだ咲いていたのね。

センボンヤリ(閉鎖花と綿毛)

淡褐色の綿毛、茎が高くなれば風を受けて遠くまで飛べるだろうけどタンポポみたいなフワフワ感はないな。

センボンヤリ(綿毛)

冠毛の長さは1cmくらい、まだ花柱の痕が残っているのもある。

センボンヤリ(綿毛)

キク科センボンヤリ属

(10月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR