2015. 11. 06  
植えられているのが逸出して野生化しているのを時々見かけるフウセントウワタ、今まで見ているけど撮るのは初めてだった。細長い葉がキョウチクトウに似ています、以前はガガイモ科だったけどガガイモ科そのものがキョウチクトウ科に入りました。

フウセントウワタ

意外と複雑な構造の花

フウセントウワタ

散状に花をつける、トウワタが上向きに花をつけるのに対してこちらは下向き

フウセントウワタ

花弁の縁にフリルのような細かな毛が生えている。

フウセントウワタ

内側のは副花冠、中央には蕊柱。同じキョウチクトウ科のスズサイコと構造が似ている。

フウセントウワタ

花が終わって毛むくじゃらの果実が膨らみ始めている。

フウセントウワタ

まさしく風船、空気で膨らませたようです。表面の長い毛が目障り。

フウセントウワタ

割ってみました、内側も毛だらけ、まるでクッションのように内部の果実を保護しているよう。

フウセントウワタ

緑色のが内側の果皮、下側の膜のような部分から裂けて種髪を持った果実が飛び出てきます。白い乳液がベタベタするのでこれ以上裂くのは止めました。

フウセントウワタ

キョウチクトウ科フウセントウワタ属

(10月25日撮影)
2015. 11. 06  
ソクズは滅多に実を付けない、付けたとしても一株に数個程度。でもこれは遠目でも多くの実が生っているのが分かりました。

ソクズの実

望遠で撮ってみました、一つの花序に数十個生ってます。こんなのは初めて見ました。

ソクズの実

これは接近しなくちゃと藪の中を突入、緑色のは線体、黄色かったのが緑色になっています。

ソクズの実

クモの巣がちと邪魔だったけど綺麗

ソクズの実

青空に映えてます。

ソクズの実

一粒でも見つけたらラッキーと思うのにね。もう喜々として撮りました。

ソクズの実

一粒の大きさは3mm程度、種を見るのを忘れてしまった。次に行く頃まであるかな。

ソクズの実

レンプクソウ科ニワトコ属

(10月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR