2015. 11. 25  
朋有り遠方より来たる亦た楽しからずや、と言うことで遠方から来た花友さんたちと地元の花を見て回りました。県外の人に地元の情報を教えてもらうのは忸怩たるものがある・・・なんてことは全然なく教えてもらって知識が増えた方のが嬉しい(^o^)
初めてのイワレンゲ、海岸沿いの上るのが困難なような崖面に生えています。ちょっと遅かったようで終わっている花の方が多かった。

イワレンゲ

それでも綺麗に咲いているのも幾つもありました。

イワレンゲ

下の方から咲き上がっていくけど上と下とで開花に極端な差はないようです。

イワレンゲ

こんな小さな花序もありました。実はこれが最初に見つけた綺麗な花、なので無理して崖面に上ったので崖面に張り付いて撮ってます。

イワレンゲ

花弁は5枚で雄しべは10本かな、中央の塊は子房でこれも5つ。

イワレンゲ

子房から花柱が伸びています。先端の柱頭が僅かに色が変わっている。子房の付け根に蜜腺があるそうですが黒くなっているのがそうでしょうか、これも色が変わっているようだ。

イワレンゲ

雄しべはやや赤みがかかった褐色かな、先端の花の雄しべの葯が大きいですがこれはまだ未熟な状態なんでしょうか。

イワレンゲ

多年草ですが花を咲かせると枯れるそうです。左側のロゼットはもう十分に大きいけど花を咲かせないのは何か理由があるんでしょうか、4枚目の花なんかもっと小さなロゼットだったのにね。

イワレンゲ

花も可愛いがロゼットも可愛い。周辺に小さなロゼットが多数見えています。花を咲かせるまで何年くらいかかるんだろ。外の野草が生えないような崖面に生えるのもこのロゼットの形態故日光獲得競争が弱いのかな。南向きの崖面というのもポイントかも、ここで見た限りですけどね。

イワレンゲ

ベンケイソウ科イワレンゲ属

(11月21日撮影)
2015. 11. 25  
実質的には初めてのダルマギク、今まで5月に見たことはありますが花の盛期に見るのは初めてでした。角島で見られるのは知っていたがそれだけで行くのにはちと遠い、でもここなら毎年来れそう。

ダルマギク

中国地方~九州の日本海沿岸の海岸岩場に生える。我が家近くの海岸にも岩場があるからそこで咲いてもおかしくないけど見かけないな。

ダルマギク

波飛沫がかかるような岩場の割れ目に生えている。

ダルマギク

切り立った岩の崖面にも生えている。

ダルマギク

イワレンゲ(画面右下)とも同居。イワレンゲは崖面ばかりですがダルマギクは岩の平坦面にも咲いている。

ダルマギク

頭花は3,4cmと比較的大きい。

ダルマギク

色は青紫~白色と色々ありそう。ここのは薄青色と白が殆どでした。同じ場所で白と青が混在しています。

ダルマギク

釣鐘型の総苞、花柄や総苞片に細かな毛が生えている。

ダルマギク

花を付けない枝(無花枝)の葉はロゼット状になる。

ダルマギク

キク科シオン属

(11月21日撮影)
2015. 11. 25  
海岸の潮の被る岩場などで割と普通に見られるカメノテ、美味しいそうで検索すると料理の仕方ばかり出てくる。

カメノテ

これで大きさは3,4cmくらい、こんなに立派なのは初めて見たな。

カメノテ

亀の手というより装甲したガメラの手(笑)

カメノテ

ミョウガガイ科

(11月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2015年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR