2016. 06. 27  
コムラサキと同じ日に見つけたムラサキシキブ、こういうのはやはり同じ日に見てみたい。果実が玉のように群がることからタマムラサキ(玉紫)、更に京都では果実が重なる様子からムラサキシキミ(紫重実)と呼んだそうで平安時代の紫式部とは関係なし、でも紫式部が見た可能性も無くはないかな、と想像するのも楽しい。

ムラサキシキブ

水滴が付いていて分かりにくいですが花序が葉腋から出ているのでムラサキシキブ。

ムラサキシキブ

花序の花の数もコムラサキと比べて少ない。

ムラサキシキブ

花は特に違いはなし。

ムラサキシキブ

こうやって見ると雄しべの葯はナス科に似てますね。

ムラサキシキブ

葉は長楕円形、先が尾状に尖る。鋸歯が縁全体にあるそうですが下半分はあるように見えません。

ムラサキシキブ

シソ科ムラサキシキブ属

(6月15日撮影)
2016. 06. 27  
林道を歩いていると割と目にする、問題はムラサキシキブかコムラサキだ。

コムラサキ

花序が葉腋からやや離れて出ている、コムラサキと確定してからゆっくり撮り始める。微妙な場合もありますがそういうのは無視(^^;)

コムラサキ

名前は小さなムラサキシキブという意味でしょうけど小さいという要素はどこにもありません。

コムラサキ

ムラサキシキブに比べて花序の花の数が多い、庭に植えられるのはコムラサキの方が多いですがこれもその理由の一つでしょうか。

コムラサキ

花冠は4裂、紫色と言うより赤紫色。

コムラサキ

葯に孔が開いて花粉がこぼれ落ちるようです。

コムラサキ

花冠から雄しべが突き出ていて雌しべは更に長く突き出ている。花糸も花柱も淡い紫色。

コムラサキ

倒卵状長楕円形の葉、先は尾状に尖り上半部に鋸歯がある。ただ鋸歯の範囲はずっと微妙だと思う。

コムラサキ

シソ科ムラサキシキブ属

(6月15日撮影)
2016. 06. 27  
ミズキと比べて一月程遅く咲くクマノミズキ、こちらは極普通に見られます。この時期遠くを見て白くなっていたら大抵クマノミズキ、ヤマボウシも白くなりますがもっと真っ白ですね。

クマノミズキ

高木になりますが下の方にも枝を伸ばして花を咲かせるので撮りやすい、撮りやすいというのが高ポイント(笑)

クマノミズキ

花盛りの花序もあればまだ蕾だけの花序もあり全体として花期が長い。

クマノミズキ

散房花序を付ける、大抵2,3段になっています。果実期にはこの花序枝が赤くなりこれまた綺麗です。

クマノミズキ

似たような花序を付けるガマズミと比べると花弁が細くてこちらの方が好み。

クマノミズキ

4本の雄しべに1本の雌しべ、花柱がやや膨らんでいる。花柱の基部に淡黄色の花盤があり蜜が出ている。

クマノミズキ

葉は卵状長楕円形、対生ですが枝先に集中するので分かりにくい。

クマノミズキ

ミズキ科ミズキ属

(6月15日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR