2016. 06. 29  
オオイヌホオズキよりは花期が短いアメリカイヌホオズキ、でも冬場以外は大抵見られるかな。

アメリカイヌホオズキ

散状、1点から出ている花序、花の数も少なく1-4、ここはほぼ3だけでした。

アメリカイヌホオズキ

花だけなら他の仲間と区別がつかない。

アメリカイヌホオズキ

葉はオオイヌホオズキに比べて葉柄が長いかな。

アメリカイヌホオズキ

葉の表面に毛が生える。

アメリカイヌホオズキ

既に青い実もできています。実の艶の様子や落ち方も区別点、さすがに去年のように種子や球状粒子の数はもう確認しないけど。

アメリカイヌホオズキ

ナス科ナス属

(6月15日撮影)
2016. 06. 29  
ほぼ1年中咲いているだろうオオイヌホオズキ、田圃の側でしょっちゅう草刈りされるだろうけど元気ですね、農家の方にとっては困った元気だけど。

オオイヌホオズキ

花柄がややバラけた場所から出ている、アメリカイヌホオズキはほぼ1点から、イヌホオズキはもっとバラけて総状に出る。あらためて気がついたけど葉腋から花柄を伸ばすのが多いけどこれは茎から直接出ているんですね。

オオイヌホオズキ

ほぼ1点から出ているのもありました、こういう例外があるからややこしい。でも花の数が多いのでこれはオオ、アメリカは1-4

オオイヌホオズキ

花の色も白から紫と色々、イヌホオズキは白だけ。

オオイヌホオズキ

筒状の雄しべから雌しべがチョコンと出ている、少し膨らんだ緑色の柱頭が可愛い。

オオイヌホオズキ

萼片の様子、粗い毛が生えている。

オオイヌホオズキ

葉は卵形で全縁もしくは波状の鋸歯がある。

オオイヌホオズキ

茎には稜があり上向きの毛が生えている。

オオイヌホオズキ

ナス科ナス属

(6月15日撮影)
2016. 06. 29  
これは多分植えられたホオズキ、今まで見てきた場所は今年は何故か出てこない、変わりはないからいいけどね。

ホオズキ

葉腋から花柄を出して下向きに花を咲かせる、これはまだ平開していなから咲いたばかり。

ホオズキ

5角形の花、縁に細かな毛が生える。

ホオズキ

中心部に緑色の斑紋、これがもっとカラフルで上向きだったら花も観賞になりそうなんですけどね。

ホオズキ

既に青い実が出来ていた、これは萼片が伸びたもの。植える目的の大半は花じゃなくてこちらの実の方だろうな。

ホオズキ

広卵形の葉、大きな鋸歯がある。

ホオズキ

ナス科ホオズキ属

(6月15日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR