2016. 06. 30  
葉が白くなるので気がつくマタタビ、そうでもないと見逃すことも多いだろうな。

マタタビ

花が咲く前から白くなり始め花が終わった後も暫く白いままです。

マタタビ

真下まで近づいても花は遥か上で咲いている、結構多く咲いているんですけどね。

マタタビ

こちらは何時も撮っている場所、今年はあまり下まで咲いてくれていないな。

マタタビ

何とかマクロで撮れる花がありました。両性花と雄花がありこれは両性花。

マタタビ

子房の上に多数の雌しべ、雄しべも多数ありますが雄花よりは数が少なそう。

マタタビ

マタタビ科マタタビ属

(6月15日撮影)
2016. 06. 30  
湿っぽい場所に咲くヤマアジサイ、ここはほんとうに湿っぽい場所だ。

ヤマアジサイ

両性花の周りを装飾花が取り囲む、装飾花は目立つけど両性花も十分綺麗。

ヤマアジサイ

大きな装飾花、萼片は普通4枚だけど5枚のも見えてます。中央に花があるけど開かない。

ヤマアジサイ

しかしここの両性花は何故か花糸がグニャグニャ

ヤマアジサイ

雌しべは3本、雄しべは10本、ほんと曲がりくねっているな。

ヤマアジサイ

すぐ近くには赤っぽい花もありました、ここはもう全く近寄れず。

ヤマアジサイ

アジサイ科アジサイ属

(6月15日撮影)
2016. 06. 30  
こんなとこにも生えていたのかコイケマ、今までは台地上で運が良ければ1回見られる程度、ここなら毎年見られそうです。

コイケマ

とは言え相変わらず開いてないな、元々それ程開かないけど今までのも含めてここのは開かなすぎる。

コイケマ

これが一番開いていたけど既に花は終わりの状態でした。

コイケマ

ツル性ですがすっかり木質化しています、長いことここで生え続けていたんでしょうか。

コイケマ
(6月15日撮影)

8日後もう一度来てみました。

コイケマ

相変わらず開いていない。左下に見えているのは蕾のようで開いているのとはちょっと違います。

コイケマ

アリが来ていると言うことは蜜を出しているんでしょうね、それなら咲いていると言っていいかな、と自分に言い聞かせる。

コイケマ
(6月23日撮影)

キョウチクトウ科イケマ属
2016. 06. 30  
川の土手に咲いていたムシトリナデシコ、もうあちこちで野草化しているのを見かけます。

ムシトリナデシコ

萼筒が長い。

ムシトリナデシコ

花弁は平開、基部に披針形の鱗片がありこの時期はまだ立っています。

ムシトリナデシコ

雄しべが出始めた雄性期

ムシトリナデシコ

雌しべが出た雌性期、雄しべは萎れ鱗片も寝てきています。

ムシトリナデシコ

対生する葉は無柄

ムシトリナデシコ

茎の途中に粘液を出す場所があり名前の由来となっている、多分対蟻対策でしょうね。触ってみると相当ベタつきます。

ムシトリナデシコ

ナデシコ科マンテマ属

(6月15日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2016年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR