2016. 08. 04  
名前の通り夏に咲くナツズイセン、でもスイセンの仲間じゃなくてヒガンバナの仲間

ナツズイセン

なので花の時期には葉がありません。そう言えばナツズイセンの葉は確認したことないな、大抵草むらの中で咲いているからな。秋から春にかけて葉が出るそうでここなら確認できそうだから見てみなくては。

ナツズイセン

上品なピンク色、あまり色の変化がなくほぼこの色だけですね。

ナツズイセン

花はスイセンに似ても似つかず、花ではなくて葉が似ているからつけられたそうで誤解を招く名前。花の時期に葉がないから別名裸百合、この名前もちょっと可哀そう。

ナツズイセン

長く伸びた雄しべと更に長く伸びた雌しべ

ナツズイセン
(7月20日撮影)

これは後日別の場所、ナツズイセンは人家の近くでよく見かけますがこれは林道沿い、種子でなく鱗茎で増えそうだけどどうやって運ばれたんだろ。

ナツズイセン

緑の藪の中でこの色は目立ちます。

ナツズイセン
(7月25日撮影)

ヒガンバナ科ヒガンバナ属
2016. 08. 04  
水路沿いに点々と咲いていたエゾミソハギ、ミソハギと比べるとより湿っぽい場所を好むように思われます。

エゾミソハギ

萼片に短毛が密生、先端の付属片は直立、ミソハギは無毛で付属片は平開。

エゾミソハギ

茎にも短毛と全体に毛深い。

エゾミソハギ

花は特に変わらず

エゾミソハギ

長い雄しべと奥の方に短い雌しべ

エゾミソハギ

葉の基部は茎を抱く、ミソハギは抱かない。

エゾミソハギ

ミソハギ科ミソハギ属

(7月20日撮影)
2016. 08. 04  
一つしか咲いていませんがこれはツクシハギ、台地上で割りと見ることが出来ます。

ツクシハギ

旗弁が後方に反り竜骨弁が翼弁より大きく突き出ているなど他のハギより区別しやすい。

ツクシハギ

翼弁は竜骨弁から少し離れているように見えます。

ツクシハギ

翼弁は紅紫色で龍靴弁先端が紫色と色も華やか。

ツクシハギ

3小葉は楕円形

ツクシハギ

マメ科ハギ属

(7月20日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR