2016. 08. 07  
6月上旬、根生葉の中央から茎を伸ばし始めていたモウセンゴケ

モウセンゴケ

茎の先端がクルッと巻いてシダの若芽のようです。

モウセンゴケ

やはりモウセンゴケでは粘球を持った葉を撮らなくては。

モウセンゴケ

展開前の葉、これも変わった姿です。

モウセンゴケ
(6月11日撮影)

7月初め、茎をだいぶ伸ばしてきていました、これで30cmくらいでしょうか。
モウセンゴケ

先端が展開してきていました、サソリ型花序(巻散花序)

モウセンゴケ
(7月1日撮影)

5日後更に茎が伸びてきた。

モウセンゴケ

一つだけ咲いていた、花序の下から咲いていきますが先端は垂れ下がっているので花が咲いている部分が一番高くなります、やはり目立たせる為でしょうか。

モウセンゴケ
(7月6日撮影)

7月下旬、そろそろ終わりのようで花序の頂部の花が咲いていました。

モウセンゴケ

真っ白な花、小さいし揺れるしで撮りにくい。雄しべは3本ですが基部で分かれているため6本に見えます。

モウセンゴケ

葉も元気がなく花期の終わりには枯れるんでしょうか。粘球の付いてない葉も多い。

モウセンゴケ

モウセンゴケ科モウセンゴケ属
2016. 08. 07  
今年のギンバイソウはおかしい、咲いているのは左側の石之左に白く見えている2株だけ、何時もなら右側の方に群生しているはずなんですが。

ギンバイソウ

綺麗に咲いていたのはこれだけ、葉も虫にくわれ動物に食いちぎられたような跡もあります。他のもみなこんな状態でした。

ギンバイソウ

アジサイ科で生殖花と装飾花からなりますが装飾花は右側や下側に見えていて萼片3枚だけからなる。しかし生殖花より地味で装飾花の意味が全く無いな。

ギンバイソウ

生殖花は多数の雄しべが球状に広がり萼片が隠れているようです。

ギンバイソウ

雌しべは1本ですが花柱が合着しているような、それに合わせて柱頭も幾つもあるようです。

ギンバイソウ

こちらの花は雌しべがおかしい

ギンバイソウ

一部が花弁化しているようです。

ギンバイソウ

柱頭が花弁化している様子が分かります。

ギンバイソウ

葉は先端がV字状に裂ける、はっきりした鋸歯がありますが一部大きくなっているのもある。

ギンバイソウ

アジサイ科ギンバイソウ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 07  
大分前から蕾を付けていたがやっと咲いてくれたイワヨモギ

イワヨモギ

元々地味な花ですから写真では分かりづらいですが蕾の頃と比べると膨らんできたのが分かります。

イワヨモギ

茎から1,2本の花柄を伸ばして花をつけます、基部に苞葉があるようだ。

イワヨモギ

頭花は球状、大きさは3,4mmでキク科らしいクルンとした柱頭が出ています。

イワヨモギ

花粉も飛んでいたからカメラをあまり近づけられず。

イワヨモギ

2回羽状に裂ける葉、他のヨモギの仲間とも大分違います。

イワヨモギ

キク科ヨモギ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 07  
もうススキが咲いていた、花期は7-8月だから咲いていてもおかしくないけど台地上ではまだ全く見られない。

ススキ

蕊が出ているからこれで咲いた状態、これで秋の七草が揃いました。(フジバカマは絶滅危惧種だからヒヨドリバナで代用)

ススキ

イネ科らしい雄しべと雌しべ

ススキ

ススキは花の時期よりもこのような果実期の方がイメージに合いますね。

ススキ

果実と言われてもイメージに合いませんが

ススキ

疑似餌のような果実、先端の棘のようなのが芒でよく似たオギ(未見)にはありません。

ススキ

イネ科ススキ属

(7月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR