2016. 08. 08  
水が張られた田圃に咲いていたアゼナ、アメリカアゼナよりずっと少ない(アメリカが多すぎるんですが)。同じ田圃にアメリカアゼナも咲いていました、他にコナギチョウジタデツユクサの葉も見えています。

アゼナ

まず葉が丸っぽく鋸歯がないのを確認してアメリカアゼナと区別

アゼナ

花柄が2cm程と長くこれもアメリカアゼナとの区別点、葉に鋸歯がないのも分かります。

アゼナ

花を正面から、下唇が3裂、萼片が角のように見えています。

アゼナ

完全雄しべが4本だそうですが写すのが難しい。

アゼナ

こちらは別の田圃、対生する葉が90度ずつずれ花柄が長いのが分かります。

アゼナ

対生する葉、葉柄はない。

アゼナ

花を逆光で撮ってみました、やはり蕊はよく分からない。

アゼナ

アゼナ科アゼナ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 08  
田圃ではアゼナの仲間が色々見られるようになりました、その中で一番多いのがアメリカアゼナ

アメリカアゼナ

これは休耕田の草むらの中

アメリカアゼナ

使われていないひび割れた田圃の中にも群生、それ程湿り気がなくても大丈夫なのかな。

アメリカアゼナ

この仲間はどれも花はよく似ています。

アメリカアゼナ

雄しべは4本だが下側のは葯が無く仮雄しべだとか、アゼナは完全な雄しべが4本

アメリカアゼナ

上唇に沿った上側の葯には花粉が出ているようですが下側のはないですね。

アメリカアゼナ

花筒から突き出ているのは仮雄しべのようです。

アメリカアゼナ

葉に鋸歯があるのが特徴、下の方の葉は鋸歯が波状であまり目立ちませんが4枚目の写真のように上の方はハッキリしています、葉の基部は葉柄状に細くなる、茎は稜があり無毛。アゼナは全縁で葉柄がない。

アメリカアゼナ

アゼナ科アゼナ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 08  
何時までも咲いているキツネノボタン、その中で八重咲きのをヤエキツネノボタンといいます、品種レベルの違いです。

ヤエキツネノボタン

キツネノボタンは花弁が5枚ですがこれは9枚

ヤエキツネノボタン

こちらは7枚と少ない。八重らしい八重はこちらから。

ヤエキツネノボタン

萼片は反り返る、ウマノアシガタは反り返らない。

ヤエキツネノボタン

3出複葉、この時期の葉はあまり裂けないのが多い。

ヤエキツネノボタン

キンポウゲ科キンポウゲ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 08  
湿地に咲いているコケオトギリ、ここは水が流れている完全湿地なので近寄れません。

コケオトギリ

幸い手の届く範囲に一つ咲いていた、葉は無柄で対生、一段ごとに90度ずつずれて付きます。

コケオトギリ

花の大きさは5,6mmと同じ場所に咲くサワオトギリより一回り小さく色もやや濃く間違えることはないでしょう。

コケオトギリ

細長い子房を取り囲むような雄しべ、5-10本と数が少ない。これでは数えにくいですが10本以下のようだ。

コケオトギリ

秋になると紅葉することがありますが既に赤くなっているのもありました、茎が直立している様子が分かります。

コケオトギリ

こちらは100m程離れた別の場所

コケオトギリ

撮影は12時10分頃、前の場所から30分程しか経っていませんが既に花が閉じかけています、午後には閉じる花。

コケオトギリ

オトギリソウ科オトギリソウ属

(7月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR