2016. 08. 09  
セリに赤い花があるというので探してみました。左の花は真っ白で普通のセリですが上や右の花は僅かに赤みがかかっているのが分かるでしょうか。

セリ(赤花)

赤花と言うには色が薄いですがやはり真っ白ではありません。

セリ(赤花)

拡大してみると花弁が赤みがかかっているのは分かります。

セリ(赤花)

こちらは別の場所、左上は普通のセリですが右側は赤みがかっています。

セリ(赤花)

全体がピンク色

セリ(赤花)

ここまで来ると赤花と言っていいかな

セリ(赤花)

花弁が赤いのがハッキリ分かります。

セリ(赤花)

蕾の頃は更に赤く。この日赤っぽいセリは何ヶ所かで見かけました、意外とあるのかも、セリは普通に見られるからあまり気にして無くて赤いのを見かけても見逃していたのかな。

セリ(赤花)

セリ科セリ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 09  
藪の中から顔を出していたセリ、水田周りなど湿っぽい場所に多いですがこんなとこにも咲くんだと撮ってみました。

セリ

丸い花序を幾つもつけた複散形花序

セリ

雄しべが飛び出た雄性期、この時期の方が花らしく見えます。まだ咲き始めだったのか雌性期のは見かけず。

セリ

花盤から花柱が出ていますがまだ開いていません。花弁は外側に二つ折りしたように曲がっている。

セリ

花序と小花序にそれぞれ総苞片と小総苞片がある。

セリ

茎には稜がある、稜の先端は翼状になっているような。

セリ

1~2回3出羽状複葉

セリ

セリ科セリ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 09  
セリを撮っていたら綺麗なイモムシがいたので久しぶりに撮ってみました、キアゲハの幼虫のようです。

キアゲハ(幼虫)

緑の地に黒い帯、オレンジ色の斑紋となんとも綺麗

キアゲハ(幼虫)

すぐ近くにもいましたがこれは若齢幼虫のようです。セリの花をむさぼり食っていて周りの花はすっかり丸裸になっています。

キアゲハ(幼虫)

アゲハチョウ科

(7月25日撮影)
2016. 08. 09  
林内に群生しているボタンクサギ、中国南部原産で亜熱帯では常緑だが暖帯では落葉、ここも秋になるとすっかり葉を落とします。

ボタンクサギ

右の花序はまだ蕾がありますが中央のはそろそろ花が散り始め左のは茶色くなっています。

ボタンクサギ

花筒が随分長い、花一つだけ見るとクサギと似ていますが花序はまるで違います。

ボタンクサギ

中央は雄性期、左は移行中、右は雌性期と一つの花序でも色々。

ボタンクサギ

2裂した柱頭、花柱に透明感がある。

ボタンクサギ

花冠ごとそっくり落ちている、こういう花はよくありますがその場合でも大抵花柱が残りますがこれは花柱も落ちています、流石に残すには長すぎるかな。

ボタンクサギ

葉は広卵形で鋸歯がある。

ボタンクサギ

シソ科クサギ属

(7月25日撮影)
2016. 08. 09  
極普通に見られるクサギ、それ程高木にもならないので花も撮りやすい。

クサギ

まだ咲き始めで半分以上蕾です。名前は臭木ですが花からは甘い芳香が漂ってます。

クサギ

花冠から長く突き出た雄しべと雌しべ、花筒も結構長いから全体はどんだけ長いんだか。これは雄性期の花で柱頭は裂けていません。

クサギ

雌性期になると花糸が捻れて下に垂れ下がり柱頭が2裂しているのが分かります。

クサギ

2裂した柱頭ドアップ

クサギ

葉は全縁で広卵形

クサギ

シソ科クサギ属

(7月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR