2016. 08. 15  
秋吉台では初めてのヤナギバルイラソウ、メキシコ原産で暖地で野生化しているようです。家の近所でもこのように舗装の隙間に生えているのを何ヶ所かで見かけていますからこれはすぐ分かりました。

ヤナギバルイラソウ

日中咲く1日花、夕方には萎みます。

ヤナギバルイラソウ

花冠は5裂、特に模様のようなのはないようです、これは淡青色ですがピンク色のもあるようです。

ヤナギバルイラソウ

蕊は奥の方にあるのか表からは見当たりません。

ヤナギバルイラソウ

漏斗形の花、花冠が平開

ヤナギバルイラソウ

皆同じ方向を向いています、偶然じゃなくて明るい方を向いているのかな。

ヤナギバルイラソウ

葉は線形~披針形、対生のようです。

ヤナギバルイラソウ

キツネノマゴ科ルエリア属

(7月31日撮影)
2016. 08. 15  
昨年見つけてすっかり気に入ったギンセンカ、ここは昨年末に麦畑になっていたので駄目かなと思いましたが無事生えていました、ほぼ同じ場所ですが1年草なので同じ株ではないようです。

ギンセンカ

午前中だけ咲く1日花、一輪だけ咲いていた、大きさは3,4cmと意外と小さい。

ギンセンカ

萼は膜質で半透明、これも綺麗。

ギンセンカ

花の下側に見えているのは苞葉でしょうか、青空は気持ちいいけど真夏の青空は暑い。

ギンセンカ

花弁基部は暗紫色、雄しべは多数で雌しべの柱頭は5列で扁平

ギンセンカ

萼片には毛が生えている、内側が黒くなっているのでこれは蕾でなく果実のようです。種子も撮ってみましたが冬ネタようにとっておこ(笑)

ギンセンカ

葉は細かく裂ける、葉柄に毛が生えているようだ。

ギンセンカ

茎は無毛で稜がある、小さな棘のような突起がある。

ギンセンカ

アオイ科フヨウ属

(7月31日撮影)
2016. 08. 15  
昨年まで見ていたクコは今年は花を咲かせないどころか葉も見かけなくなっていました、これは別の場所で見つけたけど葉が虫に食われてボロボロ状態

クコ

それでも綺麗な花を咲かせています。

クコ

花冠から雄しべが突き出てその中に小さな雌しべの柱頭も見えています。

クコ

柱頭に比べて随分大きな葯、花糸基部には毛が生えている。

クコ

茎には稜がある。

クコ

葉は楕円形~披針形で基部に翼状に流れる。

クコ

ナス科クコ属

(7月31日撮影)
2016. 08. 15  
スベリヒユの大きな株に沢山の花を付けていたので撮ってみました、でも草むらの中だしまだ半開きのが多くこの大きさでは殆ど分かりませんね。

スベリヒユ

9時半ごろの撮影でまだ大半が半開きでした。昼前には閉じるし営業時間が随分短い。昼だけとか夜だけ咲くと言うのはまだわかりますが時間限定というのはどのような利点があるんでしょうね、訪問する昆虫の活動時間にあわせているのかな。

スベリヒユ

花の内部は見えていますがまだ完全には開いていません、中央塊のように見えているのが雌しべのようでこれもまだ開いてはいないようです。

スベリヒユ

柱頭は5裂、何とか裂け始めている。スベリヒユは数は多いけど花を咲かせない株も多いし綺麗な花を撮るのは意外と難しい。

スベリヒユ

スベリヒユ科スベリヒユ属

(7月31日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR