2016. 08. 23  
咲き始めたヤハズソウ、株自体は多く見かけるのですが一度に多く花を咲かせることはないのか花盛りと言った咲き方はしませんね。

ヤハズソウ

葉腋から短い花柄を伸ばして花を咲かせる、葉とあまり離れないので撮りにくい。葉の側脈が直線上で千切ると矢筈のようになるところから矢筈草

ヤハズソウ

旗弁は淡紅紫色、翼弁と竜骨弁は白で先端が褐色になる。

ヤハズソウ

旗弁には細かい筋が入り下部が紅紫色になる。

ヤハズソウ

茎には下向きの毛が生える、マルバヤハズソウは上向き、でも伏毛だから上向きか下向きか確認しづらい。

ヤハズソウ

マメ科ヤハズソウ属

(8月18日撮影)
2016. 08. 23  
台地上や日当たりの良い林道等でよく見かけるメドハギ

メドハギ

茎に沿って沢山の花を付けています。

メドハギ

基本的には白い花、旗弁基部に紫色の斑紋がある、この斑紋もハイメドハギツルメドハギとの区別点。

メドハギ

花柄が短いので茎にくっついたように咲きます。

メドハギ

竜骨弁が開いて蕊が見えていました、ハギ属らしく花糸基部が合着して筒状になり雌しべは雄しべの間から少し突き出ています。

メドハギ

茎には伏毛がある、ハイメドハギは開出毛

メドハギ

3小葉は細長くくさび形~倒披針形、先端に芒状の棘がある。

メドハギ

マメ科ハギ属

(8月18日撮影)
2016. 08. 23  
去年は花を見逃したので今年は注意していたチョウジタデ、田圃近くの道路脇に咲いていた。

チョウジタデ

5枚の花弁に5本の雄しべ、アカバナ科らしく柱頭が大きい、その割に花柱が短い。よく似た花にウスゲチョウジタデがあって花弁に隙間がなく萼片の方が長く花床に毛が密生するそうだ。

チョウジタデ

花の下にあるのは花柄でなく子房、花柄はないそうです、しかしこれで丁字と言われてもね。右側のは既に花弁が落ちている、花が咲いてから果実になるのが早い。

チョウジタデ

披針形の葉、これはほんとタデに似ています。

チョウジタデ

こちらは別の田圃、水が張られていたので近寄れず

チョウジタデ

腕を伸ばして撮影、柱頭が凸凹していますが花粉が付いているのかな。

チョウジタデ

アカバナ科チョウジタデ属

(8月18日)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR