2016. 08. 31  
田圃に生えたアブノメ、画面下方に長い茎を伸ばして先端に花を咲かせている。この田圃は多く生えているけどなかなか花を咲かせず稲刈りとの競争になります。

アブノメ

葉腋から花柄を伸ばして花を咲かせる、上部の葉は極小さい。下部の葉の葉腋に閉鎖花をつけるがそちらは無柄、果実も無柄。

アブノメ

シソ科に似た唇形花ですが科は全く違う。

アブノメ

漢字で書くと虻の目とイメージが悪いけどそれに関係なく淡紫色のいい色合いです。

アブノメ

上唇に雄しべ2個、下唇に仮雄しべ2個あるそうだが見えていないな。

アブノメ

葉は最下部のが大きく上部のはだんだん小さくなる、無柄で対生。ピントがあっていませんが画面下側に伸びる茎の葉に閉鎖花が見えています。

アブノメ

オオバコ科アブノメ属

(8月24日撮影)
2016. 08. 31  
田圃に生えたシマミソハギ、割りとあちこちの田圃で見かけます。熱帯アジア原産で1968年鹿児島で確認、70年代に九州一円に広がりその後中国地方に拡大、関東でも見られているようです。

シマミソハギ

葉腋に多数の花を付ける、赤いのは果実。

シマミソハギ

雄しべは4本、赤い子房の先端に短い雌しべが見えている。雄しべは4枚で花弁はないのが花弁があるヒメミソハギとの違い。

シマミソハギ

これは萼片が5枚あるように見えます。

シマミソハギ

短い花柄があるのかな。ある資料によると花柄があるのはナンゴクヒメミソハギだけとなっている。でもシマミソハギでも花柄があるな。茎は四角く無毛、稜に翼がない

シマミソハギ

長楕円形の葉、全縁で基部は茎を抱かない、茎を抱くヒメミソハギとの一番の違い。

シマミソハギ

おまけ、同じ場所にシマミソハギ(奥)とヒメミソハギ(手前)が生えています。葉の形状が違うのが分かるでしょうか。

シマミソハギ・ヒメミソハギ


ミソハギ科ヒメミソハギ属

(8月24日撮影)
2016. 08. 31  
田圃に生えていたキカシグサ、これはキカシグサとしては大きな株となっています。大きくひび割れていますがこれでも現役の田圃

キカシグサ

花の大きさは2mm程度と極小ですがこれはもう少し大きかったかな、目を近づけなくても咲いているのが分かりました。でも花を撮るのに夢中で他の部位を全く撮っておらず(^^;)

キカシグサ

尖っているのが萼片でその間の楕円形のが花弁、雄しべは4本で中央に雌しべが1本、丸い赤くなった柱頭も見えている。この花でこれだけ撮れれば満足。
キカシグサ

ミソハギ科キカシグサ属

(8月24日撮影)
2016. 08. 31  
初めてのキシュウスズメノヒエ、休耕田のあぜ道に群生していた。

キシュウスズメノヒエ

アメリカスズメノヒエに似ていますがこちらの方がより湿っぽい場所に生えるとか。

キシュウスズメノヒエ

花序の総がV字型で2本、アメリカスズメノヒエもやはり2本だが9-10cmと長いのに対してこちらは4-6cmと短い。

キシュウスズメノヒエ

黒紫色の柱頭と葯

キシュウスズメノヒエ

小穂拡大、第1苞穎が短い三角状だそうだけどどれだ。

キシュウスズメノヒエ

葉鞘口部に長い毛、それ以外は無毛だそうだけどこれは毛が生えている。変種のチクゴスズメノヒエの可能性もあるけどそこまで毛深くない、チクゴはキシュウに比べて大型で総も3,4本のが混じるとか。ここのは見た限り2本だけだし一応キシュウスズメノヒエにしておこ。

キシュウスズメノヒエ

イネ科スズメノヒエ属

(8月24日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2016年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR