2017. 01. 08  
新春花散歩で必ず頭に入れているのがヒメウズ、それ程多くはなかったがあっさり見つかった。
ヒメウズ

普通あまり開かないのですがこれはしっかり開いてます、外側のは萼片で内側の筒状のが花弁
ヒメウズ

背後から見ると萼片であるのが分かります。
ヒメウズ
キンポウゲ科ヒメウズ属

少ないながらもキツネノマゴもまだ咲いていた、果実を探しているんだけどまだ見当たらず。
キツネノマゴ
キツネノマゴ科キツネノマゴ属

シロバナキツネノマゴも咲いていた、こんな時に見つからなくてもいいのにね。
シロバナキツネノマゴ

そんなに珍しいものでもなさそうだけどこの公園では初めてかな。
シロバナキツネノマゴ

真っ白ではなく若干ピンク色が残っているような。
シロバナキツネノマゴ
キツネノマゴ科キツネノマゴ属

これは意識して探してみたフラサバソウ、何とか見つかりました。
フラサバソウ

葉や茎に毛が多い。
フラサバソウ

花弁に青色の筋、雄しべ2本に雌しべ1本、柱頭が扁平なのも分かります。
フラサバソウ
オオバコ科クワガタソウ属

これもちょっと驚いたコナスビ、この一角にまとめて幾つも咲いていた、晩秋ころには咲いているから正月に咲いていてもおかしくありませんが。
コナスビ

寒い中でも綺麗に咲いています。
コナスビ
サクラソウ科オカトラノオ属

早春の花タネツケバナ、でもこれも冬の頃から咲き始めます。
タネツケバナ

果実の開き具合が大きいのでタネツケバナかな。
タネツケバナ

根本を見てみると根生葉が見当たらないのでやはりタネツケバナのようです、ミチタネツケバナは果実期にも根生葉が残る。右側の筆先のようなのはツクシじゃなくてスギナの芽生えでしょうか。ひょっとして気の早いツクシも出ているかとも思って探したが流石に見つからなかった。
タネツケバナ
アブラナ科タネツケバナ属

草むらの中に白い点々が、花が咲いているのは分かりました、キクムグラのようです。
キクムグラ

花の大きさは2mm程度、以前にもここで見ているな。
キクムグラ

正月は花の様子を撮るだけ、と思いつつもこういうのを見るとついドアップで写してしまう(笑)、でも日陰なのでブレてしまった。
キクムグラ
アカネ科ヤエムグラ属

植え込みを覆うように咲いていたツルソバ、この前の公園でも見かけましたがそこは花があまり開いておらずちょうど良かった。
ツルソバ

果実も見たかったのですが全く見当たらず、花が咲いてからあまり経ってないようです。
ツルソバ

ソバと名がついてもイヌタデ属らしい花
ツルソバ

柱頭が3裂、先端が丸くなっているのが可愛い。
ツルソバ
タデ科イヌタデ属

(1月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

12月 | 2017年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR