2017. 03. 28  
タチツボスミレは一番普通に見られる種ですが仲間も多く区別が厄介な種、スミレ全般に言えることですが。これはナガバノタチツボスミレ。
ナガバノタチツボスミレ

花弁の幅が広くタチツボスミレよりは華やかかと思う。
ナガバノタチツボスミレ

柱頭は柱状で下向き、側弁は無毛とタチツボスミレと同じ
ナガバノタチツボスミレ

花柄が無毛なのも同様、距は長からず短からず
ナガバノタチツボスミレ

托葉は櫛歯状ですがごちゃごちゃしていますね。裂け方がタチツボスミレより粗いそうでそれでごちゃごちゃしているんでしょうか。
ナガバノタチツボスミレ

タチツボスミレの葉は丸っぽいですがこちらは名前の通り長く三角状楕円形
ナガバノタチツボスミレ

葉の裏は紫色、初夏にかけてだんだん薄くなるそうです。
ナガバノタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(3月17日撮影)
2017. 03. 28  
野焼きの後に咲いていたスミレ、濃紫色なので無印のスミレかと思ったのですが
ノジスミレ

全体に丈が小さい、これは4,5cm程しかありませんでした。
ノジスミレ

いかにも菫色、スミレとノジスミレは毎度区別に悩みます。
ノジスミレ

わかりにくいですが柱頭はカマキリの頭形、側弁は無毛、スミレは普通有毛
ノジスミレ

花柄に微毛が生えています、スミレは無毛、距はやや細長い。
ノジスミレ

葉柄に翼があるがスミレほど目立たない、この辺りの違いは微妙。葉の裏は紫色なのが多い、これも多少紫色を帯びていた。
ノジスミレ

スミレ科スミレ属

(3月17日撮影)
2017. 03. 28  
てっきりタチツボスミレと思って撮ったけど
アオイスミレ

花の様子もちょっと違うかな、この時は全く疑わず。
アオイスミレ

托葉は葉柄の毛が多い様子、新葉が巻き込むなどアオイスミレじゃないか。
アオイスミレ

花柄にも毛が多い、タチツボスミレは無毛、距もやや短い。
アオイスミレ

柱頭は細く下向き、側弁は無毛とこれはタチツボスミレと同じ。
アオイスミレ

葉の形である、円形や円心形、卵円形と違いが微妙
アオイスミレ

淡紫色のもありました、ここはアオイスミレとしては3ヶ所目、でもここは来づらい場所だ。
アオイスミレ

スミレ科スミレ属

(3月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR