2017. 03. 30  
もう咲いていたヤマルリソウ、ここは昨年知りましたがいち早く咲くようです。
ヤマルリソウ

色は淡青色からピンク色まで色々だけど瑠璃はちとオーバー、ルリソウに似ているからヤマルリソウと名づけられたようですがこの”山”は本来の山の意味ではなくルリソウに比べて粗野だから山と名づけられたようです。
ヤマルリソウ

ビーズのリングのような副花冠、内部に5つの雄しべ、黄色い葯も見えています。
ヤマルリソウ

葉の表側にも毛が生えていますが
ヤマルリソウ

裏側は毛むくじゃら状態
ヤマルリソウ

こちらは何時もの場所、でも咲いていたのはこれだけ、他は蕾もつけていない状態でした。
ヤマルリソウ

ここは樹木が伐採されてすっかり明るくなり環境激変、今年がどうなるか心配です。
ヤマルリソウ

ムラサキ科ルリソウ属

(3月17日撮影)
2017. 03. 30  
林内や林縁で普通に見られるセントウソウ、これも春早くから咲き始めます。やや湿っぽい場所を好むのか日当たりの良い場所ではあまりお目にかからない。
セントウソウ

花は3,4mmと小さいですがまとまってさくしこの時期他の花は少ないので目に入りやすい。葯が白いですがまだ未熟で咲いたばかりなのでしょうか。
セントウソウ

この日は晴天の朝、花に朝露がかかっていました。
セントウソウ

複散形花序、雄しべが突き出ています。
セントウソウ

花弁は5枚、雄しべも5本だけど脱落しやすいのかまとまってあるのは少ない。中央に雌しべが見えていますがまだ開いていません。
セントウソウ

左右の花のように雄しべと花弁が脱落して雌しべが伸びてきます、柱頭は2裂
セントウソウ

1-3回3出複葉の葉、パセリの葉に似ています。
セントウソウ

セリ科セントウソウ属

(3月17日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR