2017. 04. 23  
スミレが輪生状に咲いていたので思わず撮りました、帰ってから調べてみるとアカネスミレのようです。一株の花数が多くなることが多いそうでこれもそうでしょうね。でもアカネスミレの存在すっかり忘れていた。
アカネスミレ

茜菫と言うくらいだから色は紅紫色や淡紅紫色だけどこれはやや青みが強い。
アカネスミレ

側弁は有毛それも密生状態、柱頭はカマキリの頭形
アカネスミレ

距はやや太く長い、花柄は有毛だが上の方に毛が多いようだ。
アカネスミレ

葉は卵形~狭卵形、微毛があるようです。
アカネスミレ

スミレ科スミレ属

(4月5日撮影)
2017. 04. 23  
コスミレの白花品種シロバナツクシコスミレ、初め北九州で発見されたのでツクシの名がついたんでしょうけど今は各地で発見されツクシの名はややこしくなるだけですね。
シロバナツクシコスミレ

ほぼ白色だけど透かしてみると若干コスミレの紫色が残っているような。
シロバナツクシコスミレ

柱頭カマキリの頭形、側弁無毛
シロバナツクシコスミレ

距は細長く花柄は無毛
シロバナツクシコスミレ

葉は長卵形と、当然色以外はコスミレと同じ、でもコスミレ自体変異が多いそうだ。
シロバナツクシコスミレ

ここは台地の一角、毎年細々と咲いていているけどすぐ近くに今まで生えていなかった場所に生えていた。
シロバナツクシコスミレ

何とか命を繋いでくれたらいいな。
シロバナツクシコスミレ

スミレ科スミレ属

(4月5日撮影)
2017. 04. 23  
これも比較的分かりやすいシハイスミレ、変異も多く典型的なものに限りますが。
シハイスミレ

赤っぽい花、これも色が薄いのから濃いの間で色々
シハイスミレ

柱頭はカマキリの頭形、側弁は無毛
シハイスミレ

距はやや細長く、花柄は無毛
シハイスミレ

三角状狭卵形の葉、やや厚み感がある、はっきりした光沢があるがあまりないのもある。
シハイスミレ

葉の裏が紫色なので紫背菫、でもシハイスミレの専売特許じゃないし緑色のもある。
シハイスミレ

ビロードツリアブが吸蜜に来ていました、足を花弁にかけているけど止まっているのではなくホバリングして吸蜜しているんでしょうね。
シハイスミレ

スミレ科スミレ属

(4月13日撮影)
2017. 04. 23  
3月頃から咲きはじめスミレシーズンの終わる6月頃までと花期の長いニョイスミレ、これは4月上旬ですが半ばにはもっとたくさん咲いていた、別名ツボスミレ
ニョイスミレ

スミレの仲間としては小型だし上弁が反り返る独特な姿からまず間違えることはないですね、良く似たのにアギスミレがあるけどまず見かけることはないので考慮外。
ニョイスミレ

イメージは白い花だが唇弁に濃い紫色の筋が入る、柱頭は扁平で左右に張り出す、側弁は有毛だがこれは僅かのようです。
ニョイスミレ

距は短くボッテリ、花柄は無毛
ニョイスミレ

葉は丸みを帯びた心形
ニョイスミレ

スミレ科スミレ属

(4月5日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR