2017. 04. 25  
ナガバタチツボスミレの白花種シロバナナガバタチツボスミレ、長い名前だな。
シロバナナガバタチツボスミレ

白いスミレは色々ありますがこれはほんと真っ白
シロバナナガバタチツボスミレ

距は僅かに色が残っています。
シロバナナガバタチツボスミレ

柱頭は棒状で下向き、側弁は無毛
シロバナナガバタチツボスミレ

托葉は櫛歯状に裂ける。
シロバナナガバタチツボスミレ

近くにもう一株、この辺りで細々と咲いています。
シロバナナガバタチツボスミレ

舗装路の隙間にも生えていました、蟻が種を運んだんでしょうか、間に溝があるんですけどね。
シロバナナガバタチツボスミレ

背後の空き地が本来の生育場所ですが猪や人間に荒らされがちです。
シロバナナガバタチツボスミレ

隙間にもう一株、今年は隙間に生えている方が多かった。
シロバナナガバタチツボスミレ

開く直前の蕾の状態、円筒形になっているんですね、このようなのは初めて見たような気がします。
シロバナナガバタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(4月13日撮影)
2017. 04. 25  
花も葉も大きいのでオオタチツボスミレかと思いましたが普通のタチツボスミレのようでした。
タチツボスミレ

タチツボスミレは普通に見られすぎるのでちょうどいいか。
タチツボスミレ

でも花の大きさは普通2cm程度なのにこれは3cmもありました。
タチツボスミレ

柱頭は棒状、側弁は無毛、ニオイタチツボスミレは唇弁の白斑の縁が割とくっきりしていますがこちらは確かにボンヤリしています。
タチツボスミレ

オオタチツボスミレの距は白いのが特徴だそうでこれは淡赤紫色をしています。
タチツボスミレ

托葉は櫛歯状に裂ける、それにしてもこれは随分細かく裂けている。オオタチツボスミレはタチツボスミレに比べて幅が広く切れ込みが浅いそうです。
タチツボスミレ

下部の葉は心形
タチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(4月5日撮影)
2017. 04. 25  
林道沿いに咲いていたアカフタチツボスミレ
アカフタチツボスミレ

葉の葉脈に赤い斑が入る、これはそれ程濃くはない。
アカフタチツボスミレ

それ以外はタチツボスミレと変わらず品種として分けないこともあるようです。
アカフタチツボスミレ

托葉は櫛歯状に深く裂ける。
アカフタチツボスミレ

この林道沿いで割と見かけました。
アカフタチツボスミレ

これが今回見た中で紫色が一番濃かった、斑の入り具合は連続的なようです。
アカフタチツボスミレ

木漏れ日がスポットライトのように当たってとても綺麗でした。
アカフタチツボスミレ

タチツボスミレに赤い斑が入るのなら他のタチツボ系にも入っておかしくないよね、これも赤い斑が入っているが
アカフタチツボスミレ

花はニオイタチツボスミレのような感じです。
アカフタチツボスミレ

距が食い破られていました、蜜泥棒がいたようです。
アカフタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(4月13日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR